無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

隣の席はあいつでした
*あなたside*








ゆあと一緒に教室に入る





『ゆあ席どこ?』



ゆ「んー…………………………」







すると表情がみるみる強ばっていくゆあ。






『えっなになに?………………wwwww教卓の前wwwwwwお疲れ様ですwwwww』


ゆ「まじやだああああなた交代してよおおおおおおお」


『やだよw後ろの窓側とかいう特等席なんて絶対渡さないwwww』






ギャーギャーいうゆあを置いて自分の席へ向かう。
隣どんな人なんだろ。なんか、青柳って書いてけど下の名前が読めなかったや。





……ってお?

……寝てる。隣の人。青柳さん?

…どうしよ、起こすか起こすまいか。





喋ってみたいけど起こすのは可哀想だしなあ…。

起きるの待つか。

…荷物おこ。







『よっこいしょーと。登校初日から授業とかマジだるすぎ。はーあー。最期の1年くらい青春出来るかなあーーーーーあーーーーー』


?「ねえさっきからうるさいんだけど。」






隣の青柳さん?が体を起こしながら喋る。

うわ、起きてたんだ。






『え、あ、ごめん。寝てたんだね忘れ…………ってえ?』


?「あ」






うわあ………朝ぶつかってキレてきた人だ………。
なんでよりにもよってこいつが隣……。






?「朝ぶつかってきた人でしょ。君。」


『あはは……そうですね……。すいません……。』


?「いやいいよ別に。僕、青柳 瓏。ころんとか呼ばれてる。てきとーに呼んで。」


『へえ…ろんって読むんだ。あ、紅葉あなただよ。あなたとか、好きなように呼んで』


こ「あなたか。よろしく」


『よ、よろしく……』









そう言って窓の方へ顔を向けた。



正直言ってね、あいつと関わりたくない。
なんでかって?

朝あんな態度取られたら関わる気失せるでしょーがああ()






しかもあれでしょ。こいつモテるやつだ。

さっきからクラスの女子がワーワーうるさい。

もし私がこいつと仲良くしてたら







モブ「ねえあなたさん?放課後校舎裏に来てくれない?」







とか言われていじめられるやつだよね知ってるよ()







『はぁ……めんどくさ……(小声)』







あ、やば。声に出ちゃった。



……聞こえてないよね?さすがに……。


うんうん。大丈夫だきっと………。(フラグ)











…どうなるんだろ、私の1年。