無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

帰り道
--------------下校中---------------



無事部活が終わり、すとぷり6人とゆあと一緒に帰っています。


帰り道一緒とか………なんか………小説でよくある展開だよね((((



ゆあと一緒に帰るのは毎日楽しいけど、6人がいるといつもの倍は楽しい。


まあ、半分うるさかったりするんだけど。






そんなことより………………



『あーーーーーー疲れたよーーーーーー』

ゆ「久しぶりに動いたもんねえ。」

『ほんと、演劇部の時とは比べ物にならないくらい。』

な「そういやあなたちゃんはどうして演劇部だったの?」

『うーん。もともと運動部に入りたかったんだけど……。まあ、色々あってさ。そこまで激しい運動しない所ってことで演劇部に入ったんだよ。』

ゆ「ほとんど消去法だけど、あなた、めっちゃ演技上手いからね。」

り「そうなの??」

『いや何言ってるのw全然上手くなんか……』

ゆ「人狼ゲーム何百回もしてるのにこいつ負け無し。それにコンクール(?)にも何回も出場したもんねー?ヒロインさん♡」

『やめて私がやった役は全部黒歴史。』

じ「へえーw人狼ゲームかあww面白そうやなww」

る「今度皆でやりません?LIMEでも出来ますし」

こ「あーそれ僕もやりたい。あとあなたの黒歴も知りたい。」

『絶対教えねえ。』

さ「そんなこと言われると余計に気になるよなあ?ゆあちゃん、今度教えてくんね?」

ゆ「喜んで♡」

『ゆるさない。』










黒歴は絶対教えたくない………………



でもまあ、皆で人狼ゲームかあ……………




楽しそう←









ってことで、皆で連絡先を交換した。







ゆ「じゃあ、私達はこっちなんで」


な「そか、じゃ俺達はこっちだから」


る「僕はまだあなたさん達と一緒なので途中まで帰りません?」


ゆ「いいよいいよじゃあ皆またねー」


『また明日~』

こ な じ さ り「「「「「じゃあなー」」」」」











る「お二人ってどこに住んでるんです?」

ゆ「もうちょっと進んだ所かなあ」

る「あなたさんは?」

『あー、実はね、私、ゆあの家に住ませてもらってるんだよね。』

る「えっ!?じゃあ2人とも同じ家に住んでるの?何でです?」

『んー………』

ゆ「まあ、あなたって色々訳ありだからさw」

る「あ、そうなんですか……。唐突に聞いてすみません……」

『謝らないでwまあ、また日が来たら話すよ。』

る「そうですか………。あ、皆でいつ人狼ゲームします?」

『あー人狼ゲームかあ。私はいつでも空いてるよ。ゆあもだよね?』

ゆ「うんうん。基本的に暇人だからここw」

る「じゃあ皆にも聞いてみるね。多分……暇人だと思うww」

『早ければ今日やっちゃう?』

る「あ、そうします?僕は全然大丈夫ですよ」

ゆ「じゃあ今日やろ!!……あなたが人狼だと嫌だなあww」

『なーんでよw』

る「あなたさんってそんなに人狼得意なんですか?w」

ゆ「そうだよww1回大勢でやった時ね、私が釣られそうになったんだよ。そしたらあなたがね『ゆあは絶対人狼じゃない!!私、ゆあが嘘つくの下手だって知ってる……。ゆあを吊るなら私を吊って!?今日私を吊って、占い師がゆあを占えばいいでしょ!!』って。」

『あれは私が片白っていう立場を利用したんだよね確か』

ゆ「そしてその日の夜噛まれた。」

『ごめんねwwゆあが噛まれたら、庇ってた私が人狼って誰も思わないでしょ?www』

ゆ「裏切り者」

『いやまってごめんって』

る「あははっwwwそれは面白いですねwwwあなたさんと人狼するの楽しみなってきましたwww」

『いやそんな期待しないでよ?wwそれに知ってるよ私。るぅとくんってめっちゃゲーム上手いんだよね?』

る「いや…………全然そんな事ないですよ………」



顔を少し赤らめるるぅとくん。


あれ、るぅとくんって男子ですよね?



………なんでこんなに可愛いの…………()


る「というかそれ、誰情報?」


『ころん』


る「あー(察し)」


『何を察したのやらww』


ゆ「嫉妬してるんじゃない?るぅとくんのゲームスキルにww」


る「『有り得る』」



















皆で………………かあ。













………………………………楽しみ。