無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

まわりとは違っていて
*あなたside*







-------------休み時間--------------







ゆ「いやーwwあなたの自己紹介は笑ったわwwww」


『うっ………私変な事言った……?なんか、自己紹介し終わったあとザワザワしてたし………』


ゆ「すとぷりに興味無いってどストレートに言うのさすがあなたって感じwwwそりゃー男子達も熱く燃えますわ」


『ん?どゆこと?なんで男子達が燃えるの?』


ゆ「あーうん。あなたって死ぬほど鈍感だったね忘れてたよめんごめんご」


『いや詳しく教えろ?wwww』


ゆ「じゃあ、なんでザワザワしてたか分かる?(本当はあの子可愛いとか、興味無い発言かっこいいとか言われてます。こいつ男女共にからモテるんだよなあやべえ。)」


『……すとぷりのガチ勢に喧嘩売ってザワザワ…とか…?』


ゆ「さよなら」


『ねえまってwwwwwwww』







もーなんなんだ。めっちゃ気になるやんけ…

私ってそんな鈍感なのかなあ

今まで出会ってきた人全員から言われてる気がする……







もしかして…私が青春出来ないのはこれのせい!?(半分違います←)









る「クスクス…面白い方ですねww」


『へ?』


る「あ、急にごめんなさいw僕、木曾瑠斗って言います。このころちゃんと仲が良いやt」


こ「僕は仲良くしてつもりないんだけど!?」


る「はいはいツンデレお疲れ様です」







…仲良いんだねこの2人…
たしか、瑠斗って……







『あー……あのすとぷりのるぅとくん…でしたっけ……』


る「そうそう、そんな感じ。るぅとって呼んでくれていいですよ。えーと、紅葉あなたさんですよね?」


『な、名前覚えてくれてたんですか……』


ゆ「そりゃー学園のお姫様だもの」


『はい?』


ゆ「鈍感おつ」


『ねえゆあ日本語喋ってる?』


る「……噂には聞いてましたが、ほんとに鈍感なんですね……」


ゆ「あーよく言われるよw凄いよねえ逆に。ここまで鈍感なやつがいるか?って感じw」


こ「鈍感すぎてバカなんじゃね」


『は?誰がバカやねんもっかい言ってみろや』


こ「バーカバーカ」


『小学生かよ』


こ「お前がもっかい言えって言ったんだろ!?!?」


る ゆ「「はいはい喧嘩しないの」」


『ねえるぅとくん。こいつなんなんの。』


る「んー?あれですよ、ころちゃんはツンデレですからね。好きの裏返しってやつです。」


こ「はあ!?そんなんじゃねえから!!!」


る「…ほらね」









面白いなあこの人達。

この人達なら…大丈夫そうだよね…。






好きで鈍感になってるわけじゃないってーの。

男子に興味が無いなんてのも。

持ちたくないから持ってないだけであってさ。



でも、この2人は違うよね。


まわりと違うのはそうなんだけど、なんていうか、中身がさ。


そこら辺の奴らとは違う。

純粋なんだなあって。














ちょっっとだけ、興味持ったかも。




好きになるとは、違うけど。
もっとこう…深い感じ。

信用?違う。







言葉には言い表せない感情が私の中で芽生えた。













でも青柳がうざい気持ちは変わらないけどね!!!!!!←


----------------------------------

唐突な急展開でごめんなさい!(白目)

察しのいい方だとお分かり頂けたかと思いますが、夢主ちゃんは過去のとある出来事で男子への興味が無かったりします…。
それは物語が進んでいけば明らかになると思うのでそれまでお待ち下さい(*’ω’*)


2019年5月16日 みありす。**