無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

眠気を遮るコト





ただいま私はベットに入っています。





さっきまで人狼やってたんだけどね



終わった瞬間眠気がドゥォォォンときてさ…



寝ようと思っています。(謎)










えーと…明日も学校かぁ……






まだ金曜日じゃないの…!?!?(泣)


うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁあ()















なーんて嘆いていると











ピコン











…ん?通知音?




誰かメッセージ送ってきたのかな?





『これだけ返信して寝るかあ…』




と呟いてLIMEを開く





画面の通知欄にはころんとあって…






『え?ころん?』







ころん
あなた、まだ起きてる?
バカ
起きてるけど…
どうしたの?
ころん
あのさ、明日の朝さ
バカ
朝?
ころん
一緒に行かね?







ええええええええええ!?!?!?



なぜ急に!?!?!?ぱーどぅん!?!?!?←










いやいや落ち着け私。

落ち着こう。
バカ
いいけど…なんで?
ころん
周りの女子が近寄ってくるから




あ、あーー、、()



なんやねん私は魔よけか
バカ
あの、私も一応女子なんですが?
ころん
でもお前僕のこと好きじゃないでしょ
バカ
そうですね
ころん
否定しろや
バカ
バカ
まあ、一緒に行ってもいいけどゆあも付いてきますね