無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

奇跡
ポスッ




っと、ボールがゴールに入る音が静かな体育館に響く。



たくさんの人が見ているというのに誰も言葉を発していない。





でも、視線は全員、あなたに向けられている。






…………え?



……は、入ったあ…………()



まだ、衰えてなかったな……………腕()






な「………………ねえ」


『え?』


な「いまの…………さ」


『………あ、もしかして……反則だったり……する?()ご、ごめん。なーくんのディフェンスがかたくって…………』


な「違うって!!!…………なんで今の入ったの?」


『え?……………なんでって………たまたま?』


その場にいる全員「「「「「たまたまで入るもんじゃない!!!!!!!!」」」」」


『え?あ、うん、ご、ごめん?(??)』


さ「やばすぎでしょwwwあんなん距離めっちゃあるのにさwww」

じ「ほんまそれやで。あなたちゃんもしかして人間じゃない感じ??」

『……人間………です……w』

る「素直にかっこいい………」

こ「なになに?乙女るぅちゃん発揮??」

る「うるさいですよころちゃん。ビール瓶で殴るよ?」

り「るぅとくんwww腹黒出てるよwwwww」





なんか………めっちゃ褒められた………?

……………良い人達………だよなあ……







てか、久しぶりに動いたから、ちょっと疲れ…………



フラッ



ゆ「おっと…………大丈夫?」



たちくらみがして、ふらついた所をゆあが支えてくれた。



かっこいいねゆあイケメン。←



いやそんな事は今はどうでもいい。









『う、うん…。大丈夫だよ……。』

ゆ「ったく……。大丈夫って顔してない!顔色悪いよ?」

『まあ、もう部活終わるし……』

ゆ「無理しない事が条件で運動部に入ったの忘れないでよ?………あなたは体が________________なんだし。」

『……………分かってる。ありがとゆあ。』

ゆ「はいはい。じゃ、とりあえずコートから出よ?」











こんなんで、大会とか………出られるのかなあ























………無理してでも出ますけどね( ・´ー・`)←







































---------------?side-------------


……………………え…………………?


僕は二人の会話を聞いていた。











その中で、聞こえてきたとある言葉に、耳を疑った







体が………………………!?




嘘…………だよね。






だって……………あんなに元気そうなのに……………






いつか消えて居なくなるなんて…………………………













ないよね……………………?