無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第130話

うっし
すずみや
すずみや
バイトのペースが何となくわかったからね
代理たん…鈴寺
代理たん…鈴寺
ほえ?
すずみや
すずみや
やっぱりバレー入りたい
瑠璃
瑠璃
おま…安定だな
すずみや
すずみや
だってバレーが一番楽しい
すずみや
すずみや
運動はそこまで好きじゃないがバレーは大好き。
…僕が……一番、母が大好きだった瞬間。
すずみや
すずみや
ミックスの6人制で。
きゃーとか言いながら楽しそうにボールを操る母は、僕の憧れだった。
その姿はもう…少なくとも暫くは見れないケド。
瑠璃
瑠璃
…重い話する気?
すずみや
すずみや
いや?
もしも仲直り(?)する時が来たのであれば。
一緒にバレーしたいねぇ、的な?
瑠璃
瑠璃
ふうん。
すずみや
すずみや
でも、ね。
バレーの楽しさは、あの人が僕に与えてくれた事の一つ。
すずみや
すずみや
大切にしたいよね
瑠璃
瑠璃
…お前…そんな道徳心あったっけ
すずみや
すずみや
うるっさいな
すずみや
すずみや
まぁ、そんな事でね。
ついにバレー部入るぞぉぉぉぉ!!!
代理たん…鈴寺
代理たん…鈴寺
おめ〜
瑠璃
瑠璃
おめでとう?
すずみや
すずみや
入部届け貰ってこなきゃ
瑠璃
瑠璃
貰ってなかったんかい
すずみや
すずみや
( ・´ー・`)どや
瑠璃
瑠璃
ドヤるとこちゃうし
代理たん…鈴寺
代理たん…鈴寺
鈴宮だからしょうがないのだぁ
瑠璃
瑠璃
そだね