無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

350
2021/03/30

第5話

壁ドン
私は、狗巻先輩の押しに負けて、部屋に入れてしまいました。。
『ドンッ』
えーっと‥これはどう言う状況ですか?
私が一方の壁と狗巻先輩に挟まれてて、、
狗巻先輩が壁に手をドンッてやって私の逃げ道を無くして。
(なまえ)
あなた
(これが壁ドンっていうヤツなの??//////)
狗巻棘
狗巻棘
なんでさっき泣いてたの?
(なまえ)
あなた
な、なんで喋れてるの ⁈
狗巻棘
狗巻棘
あなたの下の名前には呪言が効かないから。
狗巻棘
狗巻棘
それより何でなの?
(なまえ)
あなた
普通に私だって泣きます。
狗巻棘
狗巻棘
違くて。理由。
狗巻棘
狗巻棘
あなたの下の名前、あんまりふざけないで。
(なまえ)
あなた
‥‥うぅっ
また泣いてしまった‥ 
もう嫌だよっ
狗巻棘
狗巻棘
えっ⁉︎  あ、ごめん。ごめんね?
(なまえ)
あなた
嫌われないといけないの。
(なまえ)
あなた
そうしないと後から苦しくなるから。
狗巻棘
狗巻棘
何で苦しくなるの? 
(なまえ)
あなた
他には言わないで欲しい。
狗巻棘
狗巻棘
分かった。言わないから教えて?
(なまえ)
あなた
私は色々特別だから寿命が短いの。
(なまえ)
あなた
嫌われた方が後悔が無くなるってお母さんに言われてそうした。
(なまえ)
あなた
でも、本当はね、すごく辛い。 
狗巻棘
狗巻棘
分かった。言ってくれてありがとう。 
狗巻棘
狗巻棘
僕も言いたいことがあるの。
(なまえ)
あなた
え‥?
狗巻棘
狗巻棘
好きだよ。ずっと前から。辛かったんでしょ?だから、僕があなたの下の名前を幸せにする。





ーーー
すみません、、 
狗巻くんを喋らせたい気持ちが勝ち、喋らせてしまいました