プリ小説

第2話

2話
あなた
あなた
じゃあ、行くわね
広臣
広臣
ほーい
広臣
広臣
いってら〜

今日もBCRに行く、少し早めに家を出た



昨日の行為で臣が私の体にキスマをめっちゃ付けたから、コンシーラーで隠すの大変だったんだけど...


あなた
あなた
あ、れ?
外には女達がBCRの前に並んでる


ランボルギーニがない...ってことはまだ始まってないんだ



ブーッブッー

車のクラクションの音が鳴ったと思えば、女達がキャーキャーキャーキャー騒ぎ始める...


あなた
あなた
来た...
龍友
龍友
お、優里、

車から降りれば私を見つける龍友さん
あなた
あなた
こんばんわ
涼太
涼太
ゆり、!
涼太
涼太
もう来てたんか!
亜嵐
亜嵐
ゆりちゃ〜ん!
メンディー
メンディー
お、!来てたんだね
あなた
あなた
こんばんわ(*^^*)
演技、演技、

女達
きゃーー♡♡♡♡
あなた
あなた
皆さん、彼女達の相手、しなくていいんですか?ニヤ
女達の方に視線を向ける
裕太
裕太
あぁ、あいつらめんどいんや
亜嵐
亜嵐
あの子達ってほんとに、構ってちゃんだよね笑
玲於
玲於
マジでウザイくらいね
涼太
涼太
でも、優里は違うよ


.....そんな事言ったって私はあんたに惚れないし
あなた
あなた
そうなんですね
涼太
涼太
じゃあ俺ら準備あるから、先VIP行ってて
あなた
あなた
ん、りょーかい

〜〜

VIPの部屋に入ってソファに座る


なんかあるかな?
あなた
あなた
ん〜
私は部屋を隅々まで見た



コソコソ))
あなた
あなた
!?
ドアの向こうの方から物音がした

誰かいるの?


VIPの部屋は、1番大きいフロアの階段を登った上の方にある


ガチャ))

入ってきた
女達
うわっ
女達
ここがVIP...♡♡
は、?誰?なんでこいつらがいんの?


女の奴ら四人くらい入って来た


亜嵐さん達のお気に入りでもない人達
あなた
あなた
なに勝手に入ってるの?
女達
!?
女達
だ、だれっよ!
それはこっちのセリフ



あなた
あなた
早く出てって、
女達
だったらあんただってッ___
なんなのこいつら

私が涼太さんのお気に入りだって知らないわけ?

マジムカつく
あなた
あなた
もしかして喧嘩売ってる?笑
私はプロの殺し屋よ、?


私はポケットから、カッターナイフを出した
女達
ひいっ.....


このまま殺そうかな...
女達
け、警備員連れてくる!

、!それだけわッダメっッ


もういいっ、殺すッ

あなた
あなた
ん...!

ブスッ...


警備員を呼ぼうとした人を刺す

ぽたぽたと女の血液が流れ出す

こうなったら他の3人も...
女達
あ、あんたッ...
女達
何ものなのっ...
あなた
あなた
あんた達も一応危ないから殺すわね
女達
いやっ...!?
ブスッ...ブスッ...ブスッ
あなた
あなた
はぁ...はぁ...
殺した...

地面には血の水玉りがある...

このままここにいたらダメだ...
あなた
あなた
帰ろっ...
あなた
あなた
臣、大至急車で来て!
広臣
広臣
了解


とんでもないことをしてしまった...


もし、あの女達に意識がすこしでもあったら、、




道の端に見慣れた車
あなた
あなた
おみっ!
広臣
広臣
あなた、何があったんだ、?
あなた
あなた
いいから、車だしてッ
広臣
広臣
おう
私はさっきまでの事を話した
広臣
広臣
そんな事で殺したのかよ
あなた
あなた
本気でムカついたの
あなた
あなた
そもそも、入っちゃ行けないところに入るのが悪いのよ
広臣
広臣
ふはっ、自分は悪くないってか笑


涼太さん達には申し訳ないけど、今日はもう行けないわ...


広臣
広臣
死体はそのまま?
あなた
あなた
ええ、

死体なんて運びたくない
そのまま放ったらかしにしたけど、、別にいいわよね
広臣
広臣
お前らしいな
あなた
あなた
ふっ笑
明日また改めて行く

もし私が犯人だって言われたら、毒ガスでも使おうかな
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
翌日


あなた
あなた
行くわね
広臣
広臣
おう、なんかあったら連絡して
あなた
あなた
ん、

〜〜
あなた
あなた
あ、あの...
涼太
涼太
優里ッ!
亜嵐
亜嵐
優里ちゃん!
龍友
龍友
大丈夫だったか?


は、、?
あなた
あなた
え、えと...
メンディー
メンディー
昨日ね、殺人があったの
玲於
玲於
しかも、ここの部屋で
裕太
裕太
だから、優里も殺されたらどうしようって涼太がずーっと言っとった
隼
なんで殺人なんか...


みんなは私の事を犯人ではないと言ってくれてる、笑

はははっ、、私が殺したのに、笑


涼太
涼太
優里が無事でほんとに良かった...
ギュッ___


涼太さんは強く私を抱いた
龍友
龍友
見せつけんな
亜嵐
亜嵐
優里...
隼
亜嵐くん...
亜嵐
亜嵐
なに、隼...
裕太
裕太
なぁ、時間やばいんちゃう?
メンディー
メンディー
そうだね、行こっみんな
時間というのはきっと、ステージだろう


見にでも行こうかな
あなた
あなた
見に行きますね
涼太
涼太
ほんま?!優里が来るんだったら、100倍頑張れる、!
龍友
龍友
ほな、行くで
涼太
涼太
うん、じゃあね、優里(*^^*)


ガチャ



pururururu...pururururu...
あなた
あなた
なに、?
広臣
広臣
大丈夫だった?
あなた
あなた
うん、まぁね笑
あなた
あなた
じゃあ私、もう行かなきゃ
広臣
広臣
ん、


...はぁ、


よしっ、見に行こ



階段を降りたら、隅から隅まで女、女、女...

龍友
龍友
盛り上がって行きましょう!
女達
きゃーーーーー♡♡
あなた
あなた
あぁ、うるさい...

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ここ
ここ
お願いします 中学1年生です