無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

217
2021/06/29

第6話

大広間の中では…
あなたの下の名前が大広間の外で泣いている時の中は
静寂に包まれていた
とある刀剣男士
とある刀剣男士
とある刀剣男士
なぜ新しい審神者は泣いておるのだ
早く入ればよいものを…
とある刀剣男士
あ、そういえばさっきぼくていさつで
みにいってたんですよ
とある刀剣男士
なんじゃと?
とある刀剣男士
そしたらあたらしいさにわがこんのすけ
にいってたんですが
あのさにわほぼむりやりつれて
こられたらしいんですよ
だからのぞんでここにきたわけではない
といってました
どうせざれごとでしょうけど
とある刀剣男士
この世に和睦の道はないのでしょうか…
とある刀剣男士
そんな言い訳が俺たちに通じるとでも
思ってるのかあの審神者…!
とある刀剣男士
まぁ俺っち達は何回も人間に
騙されてるからな
信じてもろくなことにならないさ
とある刀剣男士
そうですね