無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

SixTONESの楽屋にて

大我『〇〇ホンマかわいい!!』

〇〇『///ありがとう兄ちゃん!!
兄ちゃんはイケメンだよ!!』

大我『///ありがとう!!!大好き!!』

〇〇『私も大好き!!』

髙地『あの俺らのこと見えてます!!!』

北斗『ここでイチャイチャすんなよ』

樹『嫉妬するやろボソッ』

ジェシー『大我と〇〇ってホンマ仲良いね!! 』

大我〇〇『だって大好きなんだもん!!』

大我〇〇『///ハモったね!!』


森本『〇〇って本当にきょものこと好きだよね』

〇〇『慎ちゃんそうやねん兄ちゃんのこと
大好き!!大我推しだもん!!』

大我『俺も〇〇推し!!』

〇〇『兄ちゃんありがとう///
でもみんなのことも大好きだよ!!』

〇〇『そろそろ楽屋戻らないと···みんなバイバイ』