無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ジャニーズWEST楽屋にて
〇〇『戻ってきたよ!!』 

望『どこ行ってたんや?』

〇〇『SixTONESの楽屋!!』

神山『ホンマ〇〇って兄ちゃんのこと
大好きやな!!』

望『俺の彼女やのに···』

流星『俺の彼女やし!!!』

〇〇『望の彼女でも流星の彼女でもない!! 』

濵田『俺の彼女やもんな!!!』

〇〇『シンメなだけで彼女じゃない!!』

〇〇『ってか私、恋愛的に好きな人おんで』

〇〇以外『はぁぁ!!その人ジャニーズ?』

〇〇『ジャニーズだよ!!それ以外は教えられない!! 』

照史『それって俺?』

〇〇『んなわけあるか~!!』

淳太『じゃあ俺?』

〇〇『えっ!!おじさん無理!!
好きな人そんなおじさんやない!!』

淳太『誰がおじさんやん!!!』

重岡『じゅ·ん·た·が·お·じ·さ·ん·!!』

神山』『しげやめときや淳太怒るで』

淳太『重岡~!!』
 
神山『だから言うたんや!!』

しげ『ひぇぇー怖い怖い!!』

〇〇『Snow Manの楽屋行ってくるな
じーこたちに会いたいから』 

重岡『よしっ!!俺は淳太にいたずらしようボソ』

照史濵田神山流星望『いってらしゃい!!』

重岡中間『おぉ~いってらしゃい!!』

〇〇『おん。行ってくるな!!』