無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

Snow Man楽屋にて
トントン

〇〇『来たで~!!』

向井『〇〇!!』

照『よぉ~〇〇!!』

ラウール『〇〇ちゃん!!今日もかわいいです!!』

〇〇『///あ·りが·とうラウちゃんの方が
かわいいよ!!』

深澤『〇〇!!照れてる??』

〇〇『照れてないし···』

宮舘『〇〇!!これあげる!! 』

〇〇『舘さん、ありがとう!!』 パシャ

向井『笑顔かわいいかったから』

〇〇『///じーこの方がかわいいよ
あっ!!みんな、写真撮ろうTwitterに
載せたいから!!』

阿部『佐久間、撮影お願い!!』

佐久間『おぉ~いいよいいよ』 パシャ

佐久間『みんないい笑顔してるな
っておぉ~い俺もSnow Man!!』

阿部『佐久間どう?ノリツッコミは?』

佐久間『えっ!!楽しい!!ノリツッコミって楽しいな!!』

〇〇『笑 さっくんも入れてあげようよ!!』

佐久間『〇〇は優しいね!!』

目黒『誰が撮るんですか?』

渡辺『深澤ww?』

深澤『お、俺もSnow Manや!!』

〇〇『えっ!!顔、でかいのに?』

深澤『顔の大きさは関係ないやろ!! 』

マネ『あの?僕が撮りましょうか?』

〇〇『あっお願いします!!』パシャ

〇〇『めめとしょっぴーカッコいい!!』

渡辺目黒『///〇〇(ちゃん)、かわいい!!』

〇〇『///ありがとう!!!』トントン

濵田『〇〇いる?』

向井『いま~すよ!!』

〇〇『濵ちゃん!!何?』

濵田『何って?撮影の時間!!』

〇〇『ウソッ!!もぉ~そんな時間なん?
あとで撮った写真Twitterに載せるな!!バイバイ』

スノ『バイバイ』