第56話

蘇る始業式
皆様は、覚えているだろうか。




──青桐が、学校随一の問題児であることを。





ーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた

今日から新学期かー…

時透無一郎
時透無一郎
凄い怠そうな顔してるなぁ…
夏休みが終わり、9月。


新学期がやってきた。



……今日は、朝から"始業式"があるらしい。

前はサボろうとしてたが、私は変わった!!
今日はちゃんと、真面目に式に出ようと思う。
ふふ、偉いだろう?
****
不死川実弥
不死川実弥
今日は始業式がある。だから、体育館に移動するぞォ。……あぁ、あと……
不死川実弥
不死川実弥
青桐。…テメェは俺ん所来いィ。
あなた

え、何でですか!? 何でおはぎと一緒にお館様のお話を聞かなくちゃならな……

不死川実弥
不死川実弥
そんくらい考えりゃ分かるだろォ!! 前の始業式のことを踏まえて、担任の俺がテメェを監視することになったんだァ!!
あなた

え? 私なんかやらかしましたっけ?

不死川実弥
不死川実弥
……はァ~…
宇髄天元
宇髄天元
……ブフッ
不死川実弥
不死川実弥
宇随ィ!!! テメェ何でここに居るんだァ!!!
時透無一郎
時透無一郎
……先生、短気な人は嫌われますよ
不死川実弥
不死川実弥
ああぁ、ったく何なんだテメェらァ!! 俺が何かしたかァ!?
あなた

胸筋出してること以外何もしてませんよ

不死川実弥
不死川実弥
ぶち殺す
あなた

ワーコワーイ

****
えっと、今またお館様のお館様によるお館様でお館様な((以下略
…素晴らしく長いお話を聞いているところなんですけどね?
不死川実弥
不死川実弥
ジィーー……
あなた

……

隣からの視線と圧と殺気が凄いんですよ。ええ。

あ、話し終わった。90度の礼をビシッと……
フハハッ、私は天才だから前の人に突撃することは無い!

前の人居ないんだけどね!!
産屋敷耀哉
産屋敷耀哉
これからも、勉学に励むようにね。
最後にお館様がそう仰ったので、
あなた

ハイッ!!!!!!(クソデカボイス)

ってさ? 元気良く言ったわけよ。

偉いでしょう?
……そう思ったのにさ。
不死川実弥
不死川実弥
…お館様。俺と青桐は一旦失礼させていただきます。
宇髄天元
宇髄天元
ブッフッッ…‪w
時透無一郎
時透無一郎
……はぁ~…
産屋敷耀哉
産屋敷耀哉
……あぁ。構わないよ。
あなた

え? え?

不死川実弥
不死川実弥
よし青桐ィ。テメェはなぁんも学習してねぇようだからァ……
不死川実弥
不死川実弥
今度こそぶっ殺す……
あなた

え?! 私何かしました!?!? 不死川先生!! いや不死川様!! あの!! ちょっ…

不死川実弥
不死川実弥
黙れェ
あなた

ぎゃああああああああああぁぁぁ

1時間くらい、青桐の悲鳴は鳴り響いたとさ。