第38話

高熱
不死川玄弥
不死川玄弥
あ、青桐先輩!!
あなた

おー、おはぎ弟

朝、久しぶりに早く来て教室の椅子で揺り椅子をしていると、おはぎ弟がやって来た。
不死川玄弥
不死川玄弥
……え、えっと…
あなた

あ、ごめん話してどうぞ

不死川玄弥
不死川玄弥
…昨日、兄ちゃ…兄貴が、ずぶ濡れで家に帰ってきたんすけど……何か、知りませんか…?
あなた

……え、先生がずぶ濡れ…? ……あっ

あなた

まさか………

……それは、昨日の放課後のこと。
帰ろうとしたら、いつの間にか外は大雨で。

仕方なく、昇降口で雨が止むのを待ってきた時。
不死川実弥
不死川実弥
…青桐。…傘、ねぇのか
あなた

……天気予報見忘れた

不死川実弥
不死川実弥
アホだなァ
あなた

うっせ

不死川実弥
不死川実弥
………
不死川実弥
不死川実弥
……ほらよ
あなた

えっ?

黒い折り畳み傘を、多少強引に手渡される。
あなた

い、いいんですか? これじゃ、先生は…

不死川実弥
不死川実弥
もう一本あっから大丈夫だァ。
ほら、とっとと帰れェ
あなた

……ありがとう、おは…ん゙ん゙ッッ、不死川先生

不死川実弥
不死川実弥
今おはぎって言おうとしたろ
****
…先生、あの1本しか傘、持ってなかったのか。
……とりあえず謝りに行こう。
あなた

ごめんな、玄弥。多分それ私のせいだから、先生に謝ってくる

そう言って教室から出ようとした時、
ガララッ
…という音を立てて、扉が開いた。
あなた

あっ……せんせi

不死川実弥
不死川実弥
……HR、始めんぞォ
不死川実弥
不死川実弥
…全員、席つけェ……
…あれ? 先生。

…顔色が、悪い………?
あなた

先生、ちょっと待って下さい。顔色が…

不死川実弥
不死川実弥
あ……? 俺は、別に…
あなた

……

あなた

…顔色が悪い、声が震えてる。そんな人のどこが大丈夫なんですかぁ?

不死川実弥
不死川実弥
………
あなた

…肩貸してやるので保健室行きましょう

不死川実弥
不死川実弥
…悪ぃな、青桐……。
****
珠代
珠代
39度5分……かなりの高熱ですね。ですが、何故急に……
あなた

……それは

ーー事情説明中ーー
珠代
珠代
…成程。兎にも角にも、青桐さん。不死川さんは私が見ておきますから、貴女は…
あなた

いえ、私が看病します。先生が熱を出したのは…私のせいですから

そこで、先生が口を開いた。
不死川実弥
不死川実弥
……違う…。傘は、俺が勝手に渡したんだァ…テメェは何も……
あなた

…先生は黙ってて下さい。悪化しますよ

不死川実弥
不死川実弥
………
****
あなた

…額の手ぬぐい、替えますね

不死川実弥
不死川実弥
…あァ
…先生の額に、触れる。

……熱い。
今も先生は、息苦しそうに呼吸をしている。
私は、新しい手拭いを先生の額の上に置き、汗を拭き取った。
****
不死川実弥
不死川実弥
……青桐…
……頭が、クラクラする。
熱のせいなのか、はたまた別のことが原因なのか。

…それは、俺にもわからない。
……ただ。
あなた

…何ですか

不死川実弥
不死川実弥
………俺は…
脳が正常に機能していない、ということだけは。
不死川実弥
不死川実弥
……お前の……ことが───
…確かな、ことだった。
バァンッッ!!
時透無一郎
時透無一郎
あなた!
あなた

えっ…無一郎?

不死川実弥
不死川実弥
ハッ……
待て…俺は今、青桐に…何を言おうとした……?
時透が来てなかったら…本当に危なかった。
時透無一郎
時透無一郎
……あなた。僕も一緒に看病するよ
あなた

えっ、良いの? ……でも、これは…

時透無一郎
時透無一郎
「私の責任」……とでも?
あなた

うっ……

こいつ、まだ自分のせいだとか思ってやがんのか。
………はぁ。
不死川実弥
不死川実弥
…フゥー……テメェのせいじゃねぇって……何度言やぁわかんだァ……?
あなた

弱ったおはぎに言われる筋合いはない

不死川実弥
不死川実弥
ぶっ殺すぞ
時透無一郎
時透無一郎
……不死川先生。これ
そう言って、時透に紙袋を渡される。
中を見てみると、高級おはぎ専門店の、こし餡のおはぎが入っていた。
不死川実弥
不死川実弥
と、時透……コレ、結構高いんじゃねぇのかァ…?
時透無一郎
時透無一郎
…炭治郎達と買ったので、そこまで高くはなかったです
あいつらか……。
…おはぎに罪はねぇから、頂くけどよォ。
不死川実弥
不死川実弥
mgmg………うめぇな
あなた

mgmg…ふぉうですねぇ

不死川実弥
不死川実弥
おまっ……何ちゃっかり食ってんだァ…
あなた

え、良いじゃないですか。私は天才だから何でも許さr

不死川実弥
不死川実弥
テメェは悪い意味で天才かもなァ
あなた

は? 喧嘩売ってんのかコラ

不死川実弥
不死川実弥
………今はやめとくわァ
あなた

フハハッ! そうですかぁ。分かりました。

あなた

私は心が広いので、今はやめといてあげますよ~?

不死川実弥
不死川実弥
イラァッ………テメェ…熱治ったら覚えとけよォ…?
あなた

あ、アハハ…ささ、先生、手ぬぐい替えますね~

後日、一日中追いかけ回された青桐であった。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

追記:今回もリクエストですっ!! 書き忘れてたけどリクエストです!!!
本当にありがとうございますぅぅぅぅ!

実弥さんが熱…レアですn((殴殴