第50話

夏祭り
宇髄天元
宇髄天元
おーらそこ。何ソワソワしてんだ
時透無一郎
時透無一郎
宇髄先生……僕は別に…
伊黒小芭内
伊黒小芭内
(甘露寺の浴衣…甘露寺の浴衣…甘r)
冨岡義勇
冨岡義勇
(胡蝶の浴衣姿)か……
不死川実弥
不死川実弥
………………←上の空
あなた

皆~、お待たせ~!……なんて少女漫画みてぇな台詞言ってくると思ったかァ!!

宇髄天元
宇髄天元
多分ここに居るヤツら誰も思ってねぇと思うぞ
待ち合わせ場所に着くと、もう既に私達以外揃っていた。

えーと、今回のメンバーは………
青桐、実弥、宇髄、無一郎、冨岡、
伊黒、甘露寺、しのぶ、カナエ、
雛鶴、まきを、須磨
という感じらしい。
宇髄天元
宇髄天元
俺は嫁3人と胡ちょ…ゴホンッ、カナエサンで屋台巡ってるわ
あなた

え、私とおはg…

伊黒小芭内
伊黒小芭内
じゃあ俺は甘露寺と
あなた

あ、うん、それはまあうん

冨岡義勇
冨岡義勇
…俺は……こ、しのぶと……
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
(表情筋…)
あなた

(しのぶなんか怖ぇ)

あなた

……ん? じゃあ残りは?

不死川実弥
不死川実弥
時透と俺とテメェだなァ……
時透無一郎
時透無一郎
……そう…ですね、不死川先生。
なんだか、二人の間にとても深い溝があるような。

いや、これは絶対に気の所為じゃないわ。
先生、めっちゃ血走ってるし。
(てか久しぶりに血走ってる先生見た)
無一郎もなんか若干血走ってね? え?
怖い怖い。
あなた

…というか、キメツ学園の人って何故だか皆浴衣似合うよな

不死川実弥
不死川実弥
…? そうかァ? …まぁ確かに、テメェの浴衣姿似合ってる……あ゙
すぐに片手で顔を覆う先生。
時透無一郎
時透無一郎
………(無言の圧力)
あなた

え? ……似合ってます…?

そう私が聞くと、先生は横目で此方を見ながら、
不死川実弥
不死川実弥
あ、あァ……似合ってるぞォ
……あれ? おはぎって意外と可愛いとこあんだな、と。

無一郎の睨むような視線に気付かないまま、そんなことを考える私だった。
****
宇髄天元
宇髄天元
…なぁ、胡蝶
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
何かしら!
宇髄天元
宇髄天元
アイツら、今日でくっつくと思うか?
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
うーん……まぁ…
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
不死川くん次第ね!!
宇髄天元
宇髄天元
あー、そうだなぁ!
****
あなた

人が多いですねぇ

時透無一郎
時透無一郎
そりゃ……夏祭りだからね
不死川実弥
不死川実弥
そうだなァ。……お前ら、はぐれんじゃねぇぞ
いつもよりも低音な声の先生。

それだけ本気で言ってるということだろう。
まぁ、はぐれることなんて滅多にないと思うけど…
あなた

大丈夫ですよ、スケベ野郎。そう簡単にはぐれることはないです、スケベ野郎。

不死川実弥
不死川実弥
スケベ野郎を連呼するなァ
あなた

えー、良いじゃないですk

ドンッ
…と。

チャラそうなオトコがぶつかってきた。
あ、やば、コケる。

…そう思って目を瞑るが……。
……何処も、痛くはなかった。
不死川実弥
不死川実弥
おい、怪我ねぇかァ…!?
あなた

えっ? あ……大丈夫です

先生が、転ばないように支えてくれたのか。
時透無一郎
時透無一郎
ねぇ。君達さ、わざとぶつかったの?
無一郎が、モブ共を睨みつける。
MOBモブ
は? それの何が悪……
モブが喋った瞬間、無一郎が瞬きする間に五連撃入れた。

仕上げに、先生が蹴飛ばす。
……強すぎじゃない? この人達。

なんかもうモブの人が可哀想なんだが。
というか、教師が一般人に暴力振るっていいのか?
…………ま、いっか。
不死川実弥
不死川実弥
……ゴミがァ…
時透無一郎
時透無一郎
今回だけは共感です…あの人達、産まれてこない方が良かったんじゃないかな
あなた

いやちょ無一郎言い過ぎじゃねぇ?

幼馴染と担任の闇が見えてしまった。

ハハ。まぁ…。
私も結構、闇深いけどな!!(自分で言うことじゃない)
…と、その時。
グンッッ
時透無一郎
時透無一郎
はっ…!?
無一郎の腕が誰かに掴まれ、そちらに引き寄せられていた。

まさか、さっきのモブ…
宇髄天元
宇髄天元
時透! てめぇの好きそうな大根売ってたから俺らとまわろーぜ??
不死川実弥
不死川実弥
宇髄、お前……
時透無一郎
時透無一郎
う、宇髄先生!!僕はっ……
宇髄天元
宇髄天元
いーからいーから!!
そうして、無一郎は宇髄先生に連れ去られた。

……はい。ということは、今どういう状況なのか…。
皆さん、多分もう分かってますよねぇ?
あなた

…無一郎…い、行っちゃいましたね…

不死川実弥
不死川実弥
あ、あァ……
夏祭りで二人とかちょっとやべぇ気がすんだけど…

……気の所為かなぁ?