第46話

お泊まり会
あなた

ふっふっふっふっふっ

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あなたさん、静かにして貰えます?
私は今、しのぶの家へお泊まりに来ている。

メンバーは、しのぶ、カナエさん、カナヲ、そして私だ。
女子同士のお泊まりといえばそーーう!!
恋バナだっ!!!
人の色恋沙汰を聞くのって面白いよな。

自分のは話さないけど。
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
じゃあまずは~……カナヲから行きましょうか~?
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
えっ、わ、私……!?
あなた

ほーれほーれカナヲさんよー。炭治郎とはどうなのよ~??

あからさまに顔を赤らめるカナヲ。

恋する乙女って可愛いねぇ。
女の私でも惚れちゃいそうだわ。
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
え、えと……最近は、炭治郎と一緒に…か、か買い物を………しまし…た…。
あなた

おぉー!!

因みに、カナヲと炭治郎は付き合ってない。

…両片思いってやつだ。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
カナヲも良い表情をするようになりましたね…。炭治郎くんに感謝しなくては!
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
あらあら、じゃあしのぶはどうなのかしら? ……冨岡先生?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
は、はぁ!? 何を言い出すんですか!! あんな表情筋……
ふふふ、可愛いなぁ。

生徒と教師かぁ、禁断の恋ってやつだねぇ。
…でもしのぶ、表情筋は言い過ぎなのでは?
あなた

ふふ、禁断の恋か~…

栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
…あなた、禁断の恋に憧れてるの……?
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
あなたちゃん、もしかして不死川くんのこと……
あなた

誰があんなおはぎと

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
そうですよ、姉さん。それにあなたは…時透さんではないのですか?
あなた

…無一郎とは幼馴染で確かに好きだけど……なぁんか違うんだよなぁ……

…無一郎のことは、友達としての好きだ。

恋愛感情かと聞かれれば、何か違う気がする。
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
…あ、私一回席外すわね~
そう言って、カナエさんは部屋から出ていった。
****
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
『……らしいわよ? 不死川くん』
電話越しに聞こえる、胡蝶の声。

俺は、恋バナがどうのの話を半ば強引に胡蝶に聞かされていた。
不死川実弥
不死川実弥
……胡蝶…お前な……
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
『…まぁとにかく。不死川くんの連絡先、あなたちゃんに教えといてあげるから…』
不死川実弥
不死川実弥
……は?
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
『夏祭りに誘うなりなんなり、頑張りなさいね~!』
プツッ
…そこで、通話は切れた。
不死川実弥
不死川実弥
はぁ…
まぁ、向こうからメッセージは来ないだろう、と。
そんな考えに至り、俺は布団に潜ったのだった。