第37話

本物
あなた

なー、無一郎。

時透有一郎
時透有一郎
な、何?
あなた

今日さ、何か変じゃなかった?

時透有一郎
時透有一郎
はっ!? おれゲフンゲフンッ、ぼ、僕はいつもと変わらないと思うけど…
あなた

そうかぁ~??

やばい。

何でこういう時だけ勘が鋭いんだよ、こいつ。
…大体、何で無一郎のフリなんかしなきゃならないんだ……。
あなた

そういえばさ、今日は無一郎のお兄さん休んでたらしいじゃん。何かあった?

時透有一郎
時透有一郎
え゙っ、あ、えーと…そう、熱が出てさぁ……
…何でこんなことになったのかと言うと。
今日の、朝の出来事。
時透無一郎
時透無一郎
兄さんっ、兄さ…ゴホッゴホッ
時透有一郎
時透有一郎
どうした? 無一郎。…風邪か?
時透無一郎
時透無一郎
うん…そうみたい。だからさ…ゴホッ…今日、1日…僕のフリをして学校に行って欲しいんだ…
時透有一郎
時透有一郎
………は? 何でそんなこと……
時透無一郎
時透無一郎
不死川先生を見張ってて欲しいんだよ!! ゴホッゴホッ!
時透有一郎
時透有一郎
…不死川先生を?
時透無一郎
時透無一郎
…あなたと不死川先生、最近は特に仲が良いんだ。だから…兄さんが、僕に代わって見張ってて欲しい
時透有一郎
時透有一郎
……はぁ。わかった。お前は家で大人しくしてろよ
……とまぁ、こんなことがあったわけで。

アイツも、必死なんだろうな。
無一郎は……昔から。


…あなたの事が、好きだったから。
****
時透有一郎
時透有一郎
(……今日も、無一郎のフリ…か)
不死川実弥
不死川実弥
青桐ィィィィ!!
あなた

はははっ、ざまぁみやがれスケベ川ァァ!!

…確かに。
無一郎の言う通り、とても仲が良いんだな。

……これはかなり頑張らないと不味いぞ、無一郎。
****
時透有一郎
時透有一郎
…ただいま
時透無一郎
時透無一郎
おかえり、兄さん。もう大分良くなった。明日からは学校行くよ
時透有一郎
時透有一郎
…無一郎。
時透有一郎
時透有一郎
……俺は、いつでもお前を応援してるからな
時透無一郎
時透無一郎
……
時透無一郎
時透無一郎
………ありがとう、兄さん…。
****
あなた

……お、今日は本物・・の無一郎なんだ!

時透無一郎
時透無一郎
……え?
私がそう言うと、無一郎はとても驚いたような顔をした。
ふふっ、青桐様を出し抜くなんて100万年早いんだよ。出直して来な。
あなた

何年の付き合いだと思ってんだー? お兄さんか無一郎かの見分けくらい楽勝でつくわ。

時透無一郎
時透無一郎
………何だ、バレてたのか
時透無一郎
時透無一郎
……ふふっ
あなた

あ、無一郎の笑った顔久しぶりに見た

時透無一郎
時透無一郎
……あなたは、やっぱりアホだね
あなた

おまっ…!! その満面の笑みで罵倒するとかどういう神経してんだっ!! やめて!! 怖いからっ!!

今日は、何故か上機嫌な無一郎であった。