第92話

返事は
あなた

っ…ご、ごめん…なさっ……い…

不死川実弥
不死川実弥
………は
青桐から告げられたその一言。

……頭が、真っ白になって。
思考回路が、無になる。
不死川実弥
不死川実弥
っ…は……何で……
あなた

だ、だって…私達、教師と生徒……ですよ…

不死川実弥
不死川実弥
違ぇッッ!!!
……あ、いや…違くは、ねぇけど……
不死川実弥
不死川実弥
……本心はお前、どう思ってんだァ…
あなた

………きですよ…

不死川実弥
不死川実弥
…あァ?
あなた

…好き、です…って……言ってるんです……

…見てみれば、ほんのり……いや、ほんのりどころじゃないくらいに顔が赤い青桐。

色々な感情が俺の中で混ざる。
不死川実弥
不死川実弥
じゃあ……何でッッ…
あなた

卒業式…。

不死川実弥
不死川実弥
!!
そこでもう、こいつの言いたい事を理解した。

…問題児のクセに、生意気な奴だァ。
不死川実弥
不死川実弥
……わかった。卒業式まで待ってやらァ。…その代わり












チュッ










あなた

…………え

不死川実弥
不死川実弥
…タダで待ってやるなんて言ったかァ?
あなた

た、たた確かに言ってなかっt

不死川実弥
不死川実弥
……卒業式、数学準備室に来い
あなた

……………はい……

不死川実弥
不死川実弥
オラ宇随ィ!!! 早く車乗せろォ!!! パーティーすんだろォ!!!
宇髄天元
宇髄天元
おーおーおー!!! 顔が赤いぞぉ不死川!!
あなた

えっ、宇随先生…!?

胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
不死川くんも大分積極的になったわねぇ~!!
あなた

カナエさんっ…

冨岡義勇
冨岡義勇
ムフフ……ムフフフフ…………
あなた

…冨岡…………

伊黒小芭内
伊黒小芭内
おい青桐、せめて“先生”を付けてやれ“先生”を
宇髄天元
宇髄天元
よしお前ら!!
俺の車で時透ん家直行だ!!
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
あなた

………

不死川実弥
不死川実弥
………
宇随先生の車内にて。

……何とも言えない空気が場を支配している。
宇髄天元
宇髄天元
なぁ、お2人サン。
そこで、車を運転していた宇随先生が口を開いた。
宇髄天元
宇髄天元
お前らさー、両想いな訳だろ? 結局。
あなた

え゙っ!? あ、あは、そ、そういうことに……なる……?

不死川実弥
不死川実弥
……どうだか。
私を一瞥した後、そっぽを向いてそんなことを言う先生。

なんか……え、可愛い。
あなた

…“実弥さん”。

不死川実弥
不死川実弥
!! ……どーした、あなた
あなた

私、実弥さんの事好きですよ

不死川実弥
不死川実弥
っ………俺、も……//
あなた

あっれぇ?? 実弥さん、照れてるんですか???

不死川実弥
不死川実弥
………あなた。あんま調子乗ってっと(自主規ピー制)すんぞ
宇髄天元
宇髄天元
はーいそこまでー。車内でイチャつかないでくださーい
伊黒小芭内
伊黒小芭内
自主規制しなければならない程の発言を、不死川がするようになるとはな……
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
成長? ね……!!
冨岡義勇
冨岡義勇
ムフh((強制終了