第54話

助けて
あなた

……ん……?

ゆっくりと、瞼を開く。

…見覚えのない部屋。
そして何故か、縄で縛られている。
あなた

何処だ……ここ…

辺りを見回す。

そこで、自分の着ている浴衣が目に入った。
あなた

…あれ。私、先生と祭りに……

ヒュゥーー…ドォォンッ!!!
…待って、もしかして…今の花火が上がる音?

…早く戻らなきゃ。先生、きっと心配してる。

…あの人は、そういう人だから。
???
あ、目が覚めたの~?
あなた

!?

突然話しかけられ、驚いて声のした方を振り向く。
童磨
童磨
やぁ! こんにちは、俺は童磨。
あなた

……私に、何をするつもりですか?

童磨と名乗るその男を睨みつけ、問い掛ける。
童磨
童磨
んーとねぇ。あの方・・・に君を差し出すんだよ。とても綺麗な子だったからね
あなた

やめてください。私は……

童磨
童磨
……やめろと言われてやめる奴がいると思う?
そう言って、ジリジリと此方に近付いてくる童磨。
童磨
童磨
反抗するんだったら…痛い目見てもらわなきゃなぁ
???
…その辺にしておけ。
あなた

!!

次から次へと。何なんだ。

今度は、身体中に青い線が入った、ピンク髪の変な男が出て来た。
猗窩座
猗窩座
あの方・・・に傷付けるなと言われているだろう。手を出すのなら、それは背くのと…
童磨
童磨
ハイハイ、ごめんねぇ猗窩座殿。ちょっと脅しただけだよ~?
……あの方? 脅す? 何を言ってんだ、コイツら。
というか、早く帰してくれないかな。

…まぁ無理だよな、明らかにやべぇ奴らだもんな。
猗窩座
猗窩座
……とりあえず、連れてくぞ
童磨
童磨
そうだね~、大人しくしてねぇ
あなた

!?

童磨とかいう男に抱えられる。

嫌だ。触るな。気持ちが悪い。気分も悪い。
ジタバタと暴れ、童磨に蹴りを入れる。
童磨
童磨
…良い子にしてなきゃダメでしょ?
鋭い扇のようなものが、首に刺さった。
あなた

あ゙っ…!?

猗窩座
猗窩座
…童磨。
童磨
童磨
少しくらい大丈夫でしょ~?
……痛い…。

初めてだ。こんなに痛い思いしたの。
…並のヤンキーなら、自分で追っ払ってたから。
猗窩座
猗窩座
……この女、泣いてるじゃないか。…弱者は嫌いだ
…あぁ。そろそろ、花火終わっちゃうなぁ。

先生と、花火見たかったなぁ。
あなた

……せ…ん、せい………

…いくら呼んでも。

漫画やアニメみたいに、先生が駆け付けてきてくれる訳ではなくて。
…あぁ、私どうなるんだろ。

人身売買とか? やだなぁ、死にたくないなぁ。
あなた

さね……み…さん……

あなた

助け……て……

…そこで私は、意識を失った。





不死川実弥
不死川実弥
……テメェら…俺のモンに何してる…?
先生が、助けに来てくれていたことも知らずに。








︎︎
不死川実弥
不死川実弥
……ブッ殺してやらァ…