第75話

後夜祭
……文化祭も終わり、夜。
「後夜祭」なるものが始まった。


なんか、キャンプファイヤーをするらしい。
あと、なんとかかんとか宣言。
台の上に立って、みんなの前で想い人に告白を叫んだり、付き合ってる奴がその気持ちを相手に伝えたりと……。
……なんともまぁ、青春って感じのやつだ。

わからんけど。
あなた

キャンプファイヤー……マイムマイム…

お手手繋いで踊るやつだよね。

わぁ、楽しそう。
先生達は踊らないらしい。
あなた

……なぁ、おはぎ

不死川実弥
不死川実弥
俺ァおはぎじゃねェ
あなた

……何で私、あの輪に入れないの??

※あの輪……マイムマイムしてる人達の輪の事((語彙力
不死川実弥
不死川実弥
テメェが毎年毎年踊りを滅茶苦茶にしてるからだよォ、わかれェ
あなた

あ、始業式の時みたいな感じですねはい

不死川実弥
不死川実弥
アホ桐にしては理解がお早い事で
あなた

学校中に先生の趣味を言いふらします

不死川実弥
不死川実弥
悪かった、それだけは勘弁
先生の趣味…そう。

この歳にもなって、カブト虫を育てる事。



夏休み中、山に遊びに行ったら←え?

蜜が塗ってある木に虫あみ持って近付くおはぎ先生を発見したのだ。
あん時は本当に笑い散らかした。

腹筋崩壊するかと思った。
あなた

……カブト先生…ブフッ‪‪w‪w

不死川実弥
不死川実弥
てめぇ今なんつったァ
あなた

痛い痛いッッ!! 頭掴まないで下さいスケベェ!!

不死川実弥
不死川実弥
俺の何処がスケベなんだァ? 言ってみろォ
あなた

え、胸元開けてる所

不死川実弥
不死川実弥
ブチッ
ボカァッッ
あなた

っだッッ…理不尽っ……答えただけなのにッッ

ふと、わんやわんやしてる生徒達の方を見ると。
もう、キャンプファイヤーは終わりそうだった。


台の後ろに、行列が並ぶ。
あなた

スクッ

不死川実弥
不死川実弥
あ? 青桐ィ……?
私は、その場から立ち上がって。
台の後ろの行列に並び。
……不死川先生の方を見て、クスッ…と、悪戯に笑って見せた。
不死川実弥
不死川実弥
(……スッゲェ悪ぃ顔してる…何言うつもりなんだあいつ……)