無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

#3
桜の木の近くに来たあたりだった…
佐倉(あなた)
(なんかの撮影?……)
カメラマン
お、いいよ~
渡辺君、宮舘君もう1枚!
そこには…




























幼なじみの翔太と涼太がいた…
渡辺 翔太
涼太…あれって…
宮舘 涼太
あなたなわけ…
渡辺 翔太
だってあいつ……
ゆり組
10年前に……
佐倉(あなた)
や、やっほー?
ゆり組
(涙目)
佐倉(あなた)
なんか…戻って来ちゃったみた…い?
ゆり組
(ギュッ)
佐倉(あなた)
翔太、涼太……(涙)(ギュッ
渡辺 翔太
なんでいるんだよ…(涙)
カメラマン
あ…じゃ、今日の撮影終わり!
20時にホテルでインタビューね?
ゆり組
はい…
すいませんありがとうございます
























ゆり組)
僕達はたまたま地元で撮影するという企画で
今日あの場所で撮影していたら…
10年前に消えたはずのあの子にであった…