無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

説明
あなた
あなた
先生ー
クラレ先生
クラレ先生
ん?なぁに?
あなた
あなた
今日は皆の所に連れて行ってくれてありがとう!
クラレ先生
クラレ先生
うん。楽しめた?
あなた
あなた
勿論!
クラレ先生
クラレ先生
ならよかった。
じゃあ、家に着いたら、ちょっと助手としての仕事内容を説明しようか。
あなた
あなた
うん!僕、頑張るからね!
クラレ先生
クラレ先生
んふふ、でも、無理しない程度にしてね?
あなた
あなた
うん!
====================================
クラレ先生
クラレ先生
……で、これがここにあって、○○○って言ったら……をしてくれる?それと、普段は食事とか、家事をしてくれたらそれでいいからね。
クラレ先生
クラレ先生
助手をしてもらいたい時は呼ぶから、その時は、宜しくね!
あなた
あなた
うん!わかった!
クラレ先生
クラレ先生
じゃ、今日はもう遅いから、おやすみ
あなた
あなた
おやすみなさーい!