無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

お出かけ
クラレ先生
クラレ先生
よし、着いた。
あなた
あなた
わぁ!大きい……!
クラレ先生
クラレ先生
そうでしょ?この街で1番大きな
ショッピングモールだからね。
あなた
あなた
へぇ。色々ありそうだなぁ。
何から買うの?
クラレ先生
クラレ先生
そうだなぁ…やっぱり
生活に欠かせないものだね。
あなた
あなた
と言うと?
クラレ先生
クラレ先生
スマフォとか耐火用眼鏡とか?
あなた
あなた
耐火用眼鏡って生活に
欠かせないものなの…(苦笑)?
クラレ先生
クラレ先生
僕らには、ね?
あなた
あなた
まぁ、それもそうだね。
クラレ先生
クラレ先生
あとは…あ、下着も買わないとね。
あなた
あなた
下着……。
僕1人で行くの?///
クラレ先生
クラレ先生
だって一緒に行ってほしくないでしょ?
あなた
あなた
そ、そうだけど…お金は?
クラレ先生
クラレ先生
あぁ、はいこれ。
3000円くらいあれば十分でしょ?
あなた
あなた
はーい!
店員1
店員1
いらっしゃいませー
あなた
あなた
…わ、凄い…下着にもこんなに種類があるんだ……!でもやっぱり単色がいいよね。シンプルだし。
あなた
あなた
…んー……これと、これと、あ、これもいいな。あとは…あれでいいかな。
あなた
あなた
えっと、すいません、お会計お願いします。
店員1
店員1
かしこまりました。
====================================
クラレ先生
クラレ先生
…喉乾いた、飲み物でも買ってこよう。
クラレ先生
クラレ先生
(まだかなぁ…でも女の子だから結構選ぶのは長いタイプかな?)
あなた
あなた
せんせーい!買ってきましたよー!
クラレ先生
クラレ先生
あ、意外に早かったわ。
あなた
あなた

何か言った?
クラレ先生
クラレ先生
いや、なんでもないよ。
あとは、普段着とよそ行きの服かな。
クラレ先生
クラレ先生
どう言うのがいいとかある?
あなた
あなた
えーと、それは服の種類だよね?
あなた
あなた
僕は、シンプルって言うか、あんまり飾らないのが好きかな。あと、緩い服。だからパーカーとかよく着るよ
クラレ先生
クラレ先生
なるほど。じゃあこのお店でいいよね?
あなた
あなた
うん、どこでもいいよ。
店員2
店員2
いらっしゃいませー。
クラレ先生
クラレ先生
あっ、ハイ
あなた
あなた
おぉ、ボーイッシュな服が多い…!!
クラレ先生
クラレ先生
あれ、嫌だった?
あなた
あなた
逆!大好き!このお店の常連さんになりたいくらい!
クラレ先生
クラレ先生
そう?ならよかった(о´∀`о)
クラレ先生
クラレ先生
(結構クールというかかっこいいのが好きなんだなぁ。初めて会った時は全然そんなことなかったのに。本当に何があったんだろ?)
クラレ先生
クラレ先生
(まぁ、自分から言ってくれるのを待とう。)
あなた
あなた
先生!これにする!
クラレ先生
クラレ先生
お、服の数的にも丁度いいし、そうだね、そのカゴの中身のやつ全部買おっか。
あなた
あなた
んふふ、先生ありがとう(*≧∀≦*)
クラレ先生
クラレ先生
(あらら…どこで覚えてきたの、その技(苦笑))いいえ。
あなた
あなた
でも、お金とか大丈夫なの…?
クラレ先生
クラレ先生
ちょっと待って、そんなに貧乏に見える!?そんなことないんですけど!?カード一括で買えるくらい財産はあります!!
あなた
あなた
www
クラレ先生
クラレ先生
しかもさっき3000円渡したじゃない……。それに今日の買い物で1万円以上使ってるよ?
クラレ先生
クラレ先生
自分で言うのもなんだけど、普通のサラリーマンの家の全財産の2,3,倍くらいは持ってるよ…。
あなた
あなた
凄い!
店員1
店員1
○○○○円になりますー!
クラレ先生
クラレ先生
はい。
カードで支払えますか?
店員1
店員1
あぁ、できますよ!
一括でよろしかったでしょうか?
クラレ先生
クラレ先生
あ、はい。
あなた
あなた
先生、先外出てるね
クラレ先生
クラレ先生
いいよ。目の前のベンチで待っててね。
あなた
あなた
はーい、