無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

喧嘩
《沙希side》
こんにちは、沙希です。
この度私、モーレツに怒っています!
島津 沙希
島津 沙希
むーーーーっ!
島津 沙希
島津 沙希
雪のばかばかばか!大ばか!
ボソボソと呟きながら学校へ向かう。
え?雪の家?行くわけないじゃん、喧嘩したんだもん!
学校に着くと、クラスのみんながおはようと声をかけてくれる。
喧嘩しても、ひとりぼっちにはならない。
ふん、雪は独りで居ればいい………
ん?雪は独り……?
クラスの女子
クラスの女子
おっはぁ〜沙希!
島津 沙希
島津 沙希
ん、あ、おっはぁ!
クラスの女子
クラスの女子
あれ、今日も永井さん居ないね?喧嘩でもした?
島津 沙希
島津 沙希
うん……そうなの……
クラスの女子
クラスの女子
そうなんだー……はやく仲直り出来るといいね(´・ω・`)
クラスの女子
クラスの女子
(馬鹿だなあいつw)
クラスの女子
クラスの女子
(自分のせいなのに沙希に八つ当たりで喧嘩とかw馬鹿だなーw)
島津 沙希
島津 沙希
あっ、授業始まる!やばっ、じゃあね!
島津 沙希
島津 沙希
(はぁ……雪と合わす顔ないよ……)
島津 沙希
島津 沙希
(ってあれ?)
雪が居ない。
島津 沙希
島津 沙希
(もしかして私のせい……?)
クラスの女子
クラスの女子
ふっ、逃げたな。永井。
クラスの女子
クラスの女子
ほんとあいつ馬鹿だなw
《雪side》
永井 雪
永井 雪
はぁ……学校行くの気まずいなぁ……
お母さん
お母さん
ゆ……雪……病院連れてって……
永井 雪
永井 雪
えっ、お母さん?!お母さん?!大丈夫?
永井 雪
永井 雪
きゅ、救急車呼ぶから!
お母さん
お母さん
救急車は……ダメ……
永井 雪
永井 雪
ダメじゃない!お母さんみたいな人のために救急車があるの!
あっ、もしもし!
お母さん
お母さん
雪……大人になったわね……
永井 雪
永井 雪
え?ちょっと、そういうのやめてよ!お母さん?!いま救急車呼んだから!
[バタッ]
永井 雪
永井 雪
お、お母さん?!お母さん?!
救急隊
救急隊
救急隊です!
永井 雪
永井 雪
あっ、入ってください!
救急隊
救急隊
失礼します!救急車にお母さまを乗せますので、お嬢ちゃん、君は学校に……
永井 雪
永井 雪
いえ、私は学校を休みますので乗せて下さい!
救急隊
救急隊
………分かりました。
永井 雪
永井 雪
お母さん…お母さん…
【病院】
お母さん
お母さん
ん……あれ……?
永井 雪
永井 雪
はっ、お母さん?!
お母さん
お母さん
雪……
永井 雪
永井 雪
お母さん、病気の軽い症状だったって。良かった……無事で……
お母さん
お母さん
雪……学校は……?
永井 雪
永井 雪
休んだ。お母さん置いて学校なんか行けないよ……
お母さん
お母さん
学校……行って……
永井 雪
永井 雪
えっ?
お母さん
お母さん
学校に……行きなさい……
一瞬、どこかで聞いたことのある言い方にぞわっとした。
あっ、私が昨日沙希に言った………!
永井 雪
永井 雪
でも……もう連絡しちゃったし、今から行っても……
お母さん
お母さん
良いの。学校には私が連絡しておくから。行ってきなさい。雪。
お母さん
お母さん
沙希ちゃんも、居るんでしょ。
永井 雪
永井 雪
沙希……沙希は……
お母さん
お母さん
はい!いってらっしゃい。大丈夫。私は安静にしておくから。
永井 雪
永井 雪
…………っ、うん!
そう言って私は病院を飛び出した。