無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

壊れる関係
[キーンコーンカーンコーン]
《雪side》
永井 雪
永井 雪
帰ろ……
私は帰宅部。まぁ、部活に入らなかったのはどうしても部活に入れない沙希と一緒に帰ってあげる為だ。

だけど………
島津 沙希
島津 沙希
ゆーきっ!帰ろ!
永井 雪
永井 雪
え……うん……今日は……あの…ちょっと……
島津 沙希
島津 沙希
え?なんかあるの?
島津 沙希
島津 沙希
(やっぱり私のこと避けてる!!)
永井 雪
永井 雪
ごめんね。今日はお母さんが……
お母さんごめんね、こんな口実に使っちゃって。
島津 沙希
島津 沙希
お母さん、今日退院でしょ?
えっ
島津 沙希
島津 沙希
大丈夫!帰ったら、一緒にどっか行って遊ぼうよ!
遊……………ぶ?
永井 雪
永井 雪
遊ぶって……今日仕事は?
島津 沙希
島津 沙希
キャンセルしたよ!仕事よりも親友の方が大事だからね!
永井 雪
永井 雪
え……
島津 沙希
島津 沙希
だから、ね?
なんだか憤りのようなものを感じた。
島津 沙希
島津 沙希
わわっ、雪っ?!痛い痛い!
気付いたら、私は沙希の腕を掴んで学校の外に出ていた。
直感で来たせいか、人気ひとけのない路地裏にきてしまっていた。
島津 沙希
島津 沙希
もう、なんなの?雪……!
永井 雪
永井 雪
仕事に行きなさい!
そんな言葉がポロッとでた。
島津 沙希
島津 沙希
え……なんで?私は仕事よりも雪が……
永井 雪
永井 雪
じゃあ、なんで沙希は仕事をしてるの?親友の方が大事なのに?
島津 沙希
島津 沙希
うっ…………
永井 雪
永井 雪
違う。沙希は仕事が大事なの!だから仕事に……
島津 沙希
島津 沙希
雪は私と遊びたいんじゃないの?!
永井 雪
永井 雪
え?
島津 沙希
島津 沙希
だって雪、ずーっと私のこと避けてるじゃん!それって私が雪と遊べないからでしょ?!
永井 雪
永井 雪
……………………違うよ
沙希は、そう思ってたのか。
島津 沙希
島津 沙希
じゃあ、なんで私のこと避けてたの?!言ってよ!
永井 雪
永井 雪
それは……
言えない。沙希のせいで私がハブられてるなんて。
永井 雪
永井 雪
………言えない
島津 沙希
島津 沙希
えっ………なんで?
永井 雪
永井 雪
沙希にだけは…………言えない
島津 沙希
島津 沙希
え?私にだけは言えないの?他の誰かには言えるの?
島津 沙希
島津 沙希
そんなの、親友じゃないじゃん!
違うんだよ、そういうことじゃなくて………
島津 沙希
島津 沙希
私、雪のこと親友だと思ってたのに!私だけ思ってたんだね!馬鹿みたい!
島津 沙希
島津 沙希
もういい!雪なんて、知らない!
そう言って、沙希は狭い路地を通り抜けてどこかに行ってしまった。
永井 雪
永井 雪
はぁ……ほんと馬鹿だな、私。
沙希が傷ついてもいいなら……
一瞬そんな考えがよぎったけど、そんなこといったら沙希の性格だから、仕事を辞めるかもしれない。
永井 雪
永井 雪
私……どうしたらいいんだろ……