無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

後輩だったら、、、
あなた

いたたたたっ

体育で転ぶとか本当に不安だな〜
あなた

失礼しまーす

あれ?保健の先生いないのかな?
ころん
ころん
あれ?あなた先輩?
あなた

あ!ころちゃんじゃん!

ころん
ころん
どうしたんですか?
あなた

ちょっと転んじゃってね〜σ(^_^;)

ころん
ころん
大丈夫ですか!?
あなた

そんな大げさなことじゃないよ

あなた

ちょっと血が出たぐらいだから笑笑

ころん
ころん
俺が手当てしますよ!!
あなた

え?本当に!?

ころん
ころん
はい!俺、保健委員だし手当てぐらいはできますよ!
あなた

ありがとう〜!

ころちゃんに手当てしてもらうなんて、なんて幸せなんでしょー
ころん
ころん
なにニヤニヤしてるんですか?
あなた

いや〜別に〜

ころん
ころん
気持ち悪いですよ?
あなた

まぁ!急に冷たくない?

ころん
ころん
別にそんなことないです
あなた

もう( *`ω´)

ちゅっ
あなた

え?

あなた

今ころちゃんキスした?

ころん
ころん
(顔真っ赤)
ころん
ころん
だって、、、あなた先輩が拗ねてて可愛かったから、、、
あなた

(か、かわいい(*´ω`*))

ころん
ころん
なにジロジロ見てんですか!!
あなた

え?かわいいなーと思って

ころん
ころん
からかわないでください!
あなた

からかってないよー

ちゅっ
あなた

だってこんなにかわいいんだもん

ころん
ころん
(顔真っ赤)
ころん
ころん
もう、、、先輩のバカ
あなた

はいはい(*´∀`*)

かわいい自慢の後輩でした