無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

ころんくんと私
ころんくんは意外と甘えてくる
ころん
ころん
あなた〜
あなた

ん?どうしたの?ころちゃん

ころん
ころん
疲れた
ころんくんは後ろからダラーンと寄りかかってきた
あなた

あ、ちょっと重いー!

ころん
ころん
いいじゃーん
あなた

もう!

ころん
ころん
そうゆうあなたの怒ったとこ、可愛くてしゅき💕
あなた

!?

ころん
ころん
あははっ!あなた顔真っ赤っか!
あなた

からかわないでよ〜

ころん
ころん
だってあなたはすぐ顔真っ赤になるから面白いんだも〜ん
あなた

もう、ばか!

ちゅっ
あなた

!?

ころん
ころん
すきあり☆
あなた

もーう!

ころんくんはいつも私をいじってくる
でも、そこも結構好きなんだよね
幸せなんだよね