無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

先輩だったら、、、
私は、付き合っている先輩がいる
それは、、、
あなた

ころん先輩!!

ころん
ころん
おー、あなた〜
あなた

なんで、こんなところにいるんですか?

ころん
ころん
え?なんとなく
あなた

ここは2学年の場所ですよ?

ころん
ころん
別にいいだろ?
ころん
ころん
まあたまたまお前とあったし、帰るか〜
嘘ばっかり
私と帰るためにここにきたくせに(ㆀ˘・з・˘)
先輩は正直じゃないんだから!
ま、そこが可愛いんですけどね(*´꒳`*)
ころん
ころん
おい?聞いてるか?帰るぞ!
あなた

え、あっはい!!

〜帰り道〜
あなた

先輩って素直じゃありませんよね?

ころん
ころん
な、なんだよ急に!
あなた

いや〜言いたいこと言わないなーと思いまして

ころん
ころん
そ、そんなやつ、、、嫌か?
あなた

そんなことないですよ!

あなた

でも、ちょっとは言って欲しいって思います

ころん
ころん
そうか、、
ころん
ころん
、、、
あなた

あ!今の気にしなくていいですからね!?今の先輩も大好きですし、、、

ちゅっ
あなた

!?

ころん
ころん
す、好きだよ、、、
ころん
ころん
あなたのことが
ころん
ころん
だ、大好き、、、だ
ころん
ころん
!!(顔真っ赤)
ころん
ころん
恥ずかしい、、、
か、可愛い\(//∇//)\
あなた

もう!先輩大好きです!!

ころん
ころん
ば、馬鹿!!
ころん
ころん
ちょ、調子乗るなよ!!
あなた

はいはい(*´∇`*)

こんな先輩といれて、私はとても幸せです!!