無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
389
2021/11/17

第10話

最終話
昨日のことがあった今日


お昼頃



私は空を見上げた











そこには
1台の飛行機があった






小さく飛行機雲を描きながら


静かに消えていった














先生がスンミンのことを話した




クラスのみんなは(特に女子)
当たり前だけど
昨日の私のようにパニックになった




この話を聞くのは2回目だけど
やっぱり心のどこかで認めたくない自分がいた





本人から言ってもらってよかった





素直にそう思った











その日を境に
私は本を読むようになった



スンミンに褒めてもらうために








最初はほんとに読めなくて






でもだんだんと読めるようになった



読書感想文も書いた







先生
先生
珍しいな〜
お前、ついに感想文まで
書いたんだな‼️
あなた

いや〜頑張ってよかったですよ〜

先生
先生
ちなみに、感想文は2次募集に出すね
あなた

はーい!






その感想文は




なんと最優秀賞まではいかなかったけど
結構すごいしょう取っちゃったらしくて





嬉しいと同時に
一緒にお祝いしたかったという
寂しさも少しあった














(すごくとびます)〜半年後〜





私は3年生になった





それでも私は本を読んだ







いつものあの場所で







図書委員会の人も暗黙の了解で許可してくれた











サクラが吹き乱れる
柔らかな光が差し込む朝



















スンミン
スンミン
おはよう!あなた








その言葉を









聞くために



















こんにちは!
Kokoです!
お詫びです!
5話がありません!私が普通にタイトル打ち間違いしてました💦すみません🙇‍♀️





いいねとお気に入り登録
ありがとうございますm(*_ _)m


これからもよろしくお願いします!