無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

350
2021/11/14

第8話

8話

あなたside


おかしい



どう考えても
別れの言葉みたいで
信じられなかった





あなた

カトク:スンミン!今から家行っていい?




この前
土曜日にスタバで教えてもらった
スンミンの住所



きっと親がいるかもしれない
それでも行きたかった



この思いが消えることはない



変なプライドに縛られてた私がバカだった






あなた

スンミン!!!!!!!






本当は


スンミンが好きだ



前はイケメンだからとか
クラスでちやほやされてるから
絶対にその多数大勢に入りたくない!
好きになるもんか!なんで思ってた




どうかしてた






私は残り19ページの
本を閉じて



教えてもらった住所に向かった





スンミンside





あなた

カトク:スンミン!今から家に行っていい?




そんな…



今来たら
僕のこの弱々しい姿を見せることになる



あなたにそんな姿は見て欲しくないし
あなたがこの姿を見てきずついたとしたら?



引いてしまったら?



スンミン
スンミン
カトク:来ないで


トゲトゲしいけどこれがいい



なのに
あなた

カトク:いや!てか、もう目の前だし!






ピンポーン





スンミンの母
スンミンの母
はーい、今出ますね〜
スンミン
スンミン
お母さん!出なくていいっ!
スンミンの母
スンミンの母
はいー、あら!
スンミンと同じ高校の制服じゃない!






遅かった





僕の部屋は吹き抜けに面しているから
玄関の声がよく聞こえる





あなた

あの、スンミンくんに会いたくて

スンミンの母
スンミンの母
ごめんね、スンミンは
いま、寝てるのよ
あなた

どうか!1度だけ!




そんな


消え入りそうな声で
僕に会いたいなんて言わないで
スンミンの母
スンミンの母
う〜ん、静かにならいいわ
あなた

ありがとうございます







嘘…




スンミンの母
スンミンの母
スンミン、入るわよ
お客さんよ
スンミン
スンミン
う、うん





🚪ガチャ
あなた

スンミン…

スンミンの母
スンミンの母
じゃあ、私
買い物行ってくるわね
ごゆっくり〜




そう言って
ほんとに買い物に行ってしまったお母さん










これから何話せばいいんだよ