無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

420
2021/11/13

第3話

2話
(You side)
〜AM8時〜


やばい

なんか知らないけど
めっちゃドキドキ





今日はスンミンに勝手に
予定を入れられて


9時からスタバで読書感想文の本を読む


なんでなの!
花の金曜日ならぬ花の土曜日なのに!


朝からゴロゴロするのが
当たり前だった私にとって



これは辛い



てか、学校じゃなくて外で会うなんて!



このドキドキに蓋をしながらも準備をした



(スンミンside)

なんで言ってしまったんだろう


でも、あんなに読むのが遅いのは信じられないし…



でも、だからといって放っておけないし…


なんか、変に緊張する




〜スタバ〜


(You side)


あなた

あ!スンミン!

スンミン
スンミン
遅すぎない?
10分くらい待ったんだけど?
あなた

そんな怒ることないじゃん…

スンミン
スンミン
…怒ってない
早く入ろ?
後100ページはあるんでしょ?
あなた

うっ…バレてた




〜中〜

スンミン
スンミン
何飲む?
あなた

えっ…じゃあ、ホットラテ?

スンミン
スンミン
はいはい
ラテのホットと
アメリカーノのホットで



え、なに、優しい


いつも悪魔なのに
外だけ犬?天使?王子?


よくわかんない
スンミン
スンミン
はい、ラテ
あなた

あ、ありがと
って熱っ!

スンミン
スンミン
そりゃホットだからww



今絶対顔赤くなってる

無理、恥ずかしい
けど
なんか気持ちがふわふわしてる
スンミン
スンミン
持ってあげる
どこがいい?
あなた

あ、じゃあ、あそこで!




そこで私が選んだのは
窓際でカウンターみたいなところ



これで、前みたいに
スンミンに見つめられながら
本を読まないといけないという

地獄から開放されるために
悪魔の提案から少しでも逃れるために
スンミン
スンミン
はい、本持ってきたでしょ
あなた

うん、今からこのページ
ちょっと難しいんだよね

スンミン
スンミン
ここ?ここは難しいね


その場面はちょうど
主人公の女の子と相手の男の子の気持ちが
交差するシーン
スンミン
スンミン
ここは、女の子は自分の気持ちを
男の子に気づいてもらいたいの
スンミン
スンミン
でも、男の子は知りたくないの
その子のことが嫌いだから
あなた

き、嫌い?

あなた

恥ずかしくてとか、
もし相手が違ったらとか
そんな不安じゃないの?

スンミン
スンミン
ううん、このちょっと前のページにさ
ほら、男の子が明らかに避けてるでしょ?
あなた

確かに…じゃあ、
この後の話って…

スンミン
スンミン
バットエンドかな?www
あなた

ええー、なにこれ
少しは期待してたのに…










そうやって顔を見上げた瞬間




バチッ
あなた

うわっ!近っ!

スンミン
スンミン
そう?そんなことないと思うけど



いたって冷静


なにこれ私だけがドキドキしてるの?


損した気分











スンミン
スンミン
まぁ、近いかもね?w
あなた

笑うことないじゃん!

スンミン
スンミン
早く読んでよ〜
あなた

わかってます〜!







3時間滞在して、80ページも読み進められた



過去最高記録(?)だった