無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

357
2021/11/14

第6話

6話
あなた

はぁ、来たはいいけど
やっぱりやる気出ないな〜

今まではスンミンがいたから
頑張って読んでたけど


ここは私が読書に集中できるように
スンミンが用意した場所

だから誰もここには来ない


今までは
教室で言ったら絶対女子たちがビビる様な
悪魔みたいな言葉言ってたけど


今思えば
その言葉のおかけて残り20ページまで
本を読めたんだ



そう思うと
私はもうスンミンの波に
のまれていたのかもしれない
スンミン
スンミン
カトク :今どこ?
あなた

カトク:いつもの場所だよ?
ねえ、体調崩したの?

スンミン
スンミン
カトク:うん、まあね
スンミン
スンミン
カトク:僕がいなくても読んでね



なにこれ


別れの言葉みたい
あなた

違う、よね?



どうしても怖くなって
私はカトクをした
あなた

カトク:スンミン、今どこ?

スンミン
スンミン
カトク:家、だよ
スンミン
スンミン
カトク:早く本読んでね



なにこれ



ほんとに怖い




今まで当たり前に隣で
私に本を読ませた悪魔が

クラスではみんなに惚れられてて犬みたいで
不覚にも可愛いと思ってしまった天使が




















消えそうで
あなた

カトク:スンミン?明日になれば
学校に来るよね?

あなた

カトク:スンミン?

あなた

カトク:スンミン!
私まだ本読み終えれないから!








いつまでたってもかえってこない返信に
怯えながら

私は1ページだけ本を読んだ


















Kokoです!
更新🐢ペースですみません💦

少し話の着地点が分からなくて
暗い系になったんですけど
最後まで読んでいただければ幸いです🙇‍♀️