無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

32
2021/09/19

第3話

オーディション

1週間後












「わぁ…いっぱい居る…」



前も来たけどやっぱりいざ見れば人は沢山






それもスタッフさん以外全員男の子




周りの人よりも頭一つぶん小さい私は



きっと周りから見下されていただろう




それでも私は1週間の努力をここに出したい

















そして私の番が来た

ス「諏訪杏奈さーん」

「はい!」

ス「では歌をお願いします」

「わかりました」







私が歌った歌は,嵐さんのLOVE so sweetだ



私が知ってる中で1番好きな曲だった

そしてこの時に大ヒットした歌でもあった














♪〜





「ふぅ、」



そして終わった


パチパチ

ス「素晴らしい!」

審「確かに,嵐メンバーの声は一人一人独特な声をしている,だがそれを包み込んだような素敵な歌声だったよ」

「ありがとうございます!」




歌には正直自信がなかった




それでもなかなかいい評価をもらえた



ス「じゃあ次はダンスをお願いします」


「はい!」


ダンスは3歳の頃から習ってるから

アクロバットだって何だってできる


アメリカの曲を選曲し




アクロバット,HIPHOPなどオリジナルダンスを披露した






キュッ キュッ

「、ありがとうございましたハァ」

ス「パチパチ!!」

審「何も言うことは無いよ,素晴らしい」




ダンスもいい評価だ








そして最後は自分の特技






私の特技は,特に無いが





唯一,ピアノが得意だった




2歳から弾き始めた





ピアノを用意してもらい




中島美嘉さんのLIFEを弾いた




この曲は,手の使いがとても難しい





歌にすれば高音キーが沢山あったり



声を落ち着かせながらの歌唱


この曲は奏でる方も歌う方もどちらも大変なものだ




それを当時,7歳の私は1人で楽譜なしで引き終えた





審「君にはジャニーさんの言う通り才能があるね」

審「すごかったよ」






私の評価はなかなか良かったみたい













そして結果発表




















私は合格した