プリ小説
一覧へ

第11話

それからというもの、3人は毎週のようにこのホストクラブに来ていた。

すっかり常連客。

あなたはめいが涼介といることにだんだん嫉妬心を抱き始めた。

一方めいは涼介への思いが増えていくばかり。2人が付き合ってる事も知らず……
<めい、かれん、ひなのside
かれん
めい、最近良いことあった?!
めい
えっ?なんで(笑)
ひなの
何か、目がキラキラしてる!!
かれん
そうそう!しかも毎日楽しそうだし!
めい
えぇ?そうかなぁ?(笑)
かれん
まさかぁ好きな人できちゃったとか‼‼
ひなの
ええ!そうなの?!
めい
うっん、できたかも……?!
かれん
えーーーーーー!!
ひなの
えっ?マジで??誰なのぉ???
めい
え~教えちゃうぅ~?(笑)
ひなの
教えて~!
かれん
教えて~!
めい
2人とも知ってる人だよ🎵
ひなの
え~誰よぉ(笑)
かれん
もしかして、涼介君ッ?
めい
う、ん//( 頷
かれん
(ひなのと顔見合せ
ひなの
知らない系?(かれん  見
かれん
言った方がいいよね……
めい
え?(笑)何?
ひなの
涼介君、あなたちゃんと付き合ってるんだよ?
めい
えっ……??……
かれん
知らなかったんだ……
めい
そ、うなの?
ひなの
うん。……だから涼介君は辞めな。
かれん
私も。そうした方が良いと思う……
めい
そんな簡単に諦められないよ……
ひなの
めい……
………………………………………………………………………………

今回つまらなかったですね(笑)

でも話しがおかしくなるんで(笑)

安定の駄作ですいません🙏

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

聾唖
聾唖
フォローお願いしますゝ フォロバ100% 自己満で投稿(*^-^*) 暇な時に良く投稿します!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る