無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

犬を育ててみた【1】
不死川実弥
不死川実弥
帰ったぞォ
杏子
師範!おかえりなさい!
杏子
今日雨なので傘持ってって下さいって言いましたよね!?ビショビショじゃないですか!
不死川実弥
不死川実弥
悪ぃな
杏子
あと、なんでお腹膨らんでるんですか?おはぎの食べ過ぎですか?
不死川実弥
不死川実弥
違ぇよアホ。ホラ、ダンボールだよ。←大正時代にダンボールあったっけ?わからん。
杏子
何が入ってるんですか?
不死川実弥
不死川実弥
……重い
不死川実弥
不死川実弥
……生き物
不死川実弥
不死川実弥
……可愛い
杏子
猫?私アレルギーあるんですけど←リアルに
不死川実弥
不死川実弥
あー……犬だよ。
杏子
犬?捨て犬ですかね?可哀想に……
不死川実弥
不死川実弥
…………なァ杏子
杏子
なんですか?
不死川実弥
不死川実弥
この犬、世話見てやんねぇか
杏子
良いんですか?でも任務がある時は?
不死川実弥
不死川実弥
馬鹿かよ‪wゲージに入れておけば良いだろ。
不死川実弥
不死川実弥
ちゃんと躾させてな。
杏子
バカじゃないし(#・ω・)
杏子
よし!これからこの犬をお世話しましょう!
不死川実弥
不死川実弥
よっしゃ(小声)
杏子
何か言いましたか?
不死川実弥
不死川実弥
いや、何でもねェよ
杏子
そうですか。
杏子
仲良くしようね。
杏子
【この子に私みたいな辛い思いをしないで欲しい……】
次回、杏子の過去編