無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

次の日は大変だった
玲
前回の続きみたいなものです。








_次の日_
宇随天元(ネコ)
宇随天元(ネコ)
燐~、起きれるかぁ~?
燐(りん)
燐(りん)
ム、ムリ…全然立てない。
ちょっとスマホとってきてくんない、会社に電話して、休みにして貰うから。
煉獄杏寿郞(イヌ)
煉獄杏寿郞(イヌ)
うむ‼️持ってきたぞ燐‼️
燐(りん)
燐(りん)
お、おぉありがとな杏寿朗❗
ヾ(・∀・`*)ポンポンッ
煉獄杏寿郞(イヌ)
煉獄杏寿郞(イヌ)
(*´▽`*)ニコッ
燐(りん)
燐(りん)
じゃあ電話かけるから静かにしてろよぉ~



               プルルルップルルルッ
燐(りん)
燐(りん)
つむぎです。課長今日体調が優れていないのでお休みしてもよろしいでしょうか?(昨日めっちゃヤったので声がカスカスです。)


課長)お、おう。喉大丈夫か?すごく声が掠れてるけど?
燐(りん)
燐(りん)
ッ//////は、はい。大丈夫です。明日には、復帰できると思うので、失礼します。


課長)そうか、今日はゆっくり休むんだぞ。では、お大事に。
燐(りん)
燐(りん)
はい。ありがとうございます。失礼します。




                    ピッ
燐(りん)
燐(りん)
ハァッ、今日は休みにしたからとりあえずはいいかな。
富岡義勇(イヌ)
富岡義勇(イヌ)
燐、ギュー
燐(りん)
燐(りん)
おぉ、どうした義勇?甘えたくなったのか?ギュー
富岡義勇(イヌ)
富岡義勇(イヌ)
(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)コクコク
燐(りん)
燐(りん)
かわいいなぁ~🎶ヾ(・∀・`*)ナデナデ
不死川玄弥(ネコ)
不死川玄弥(ネコ)
燐~、俺も撫でて~🎶スリスリ
燐(りん)
燐(りん)
おう、おいでぇ~🎶ヾ(・∀・`*)ナデナデ
不死川玄弥(ネコ)
不死川玄弥(ネコ)
んふふっ(*´▽`*)ニコッ
煉獄杏寿郞(イヌ)
煉獄杏寿郞(イヌ)
よもや‼️ずるいぞ❗燐俺も撫でてくれ‼️
燐(りん)
燐(りん)
おぉ、ヾ(・∀・`*)ナデナデ
みんななんか今日は甘えたさんだなぁ~🎶
不死川実弥(ネコ)
不死川実弥(ネコ)
トコトコストンッスリスリ
↑燐の隣に座って頭を擦り付けてる。
燐(りん)
燐(りん)
ヾ(・∀・`*)ナデナデ
実弥~🎶お前も甘えてくれるのか~🎶
宇随天元(ネコ)
宇随天元(ネコ)
俺を忘れてないか燐。
燐(りん)
燐(りん)
忘れてないよ🎶おいで天元🎶
パッ←腕を広げる
宇随天元(ネコ)
宇随天元(ネコ)
ギュー
燐~大好きだぞ💗
燐(りん)
燐(りん)
照れるなぁ~🎶



みんな)燐は俺らのこと好き?
燐(りん)
燐(りん)
もちろん、この世の誰よりも愛してるぞ💗
みんな)ッ//////嬉しい🎶
燐(りん)
燐(りん)
俺もみんなに愛されて嬉しいぞ🎶
これからも、ずっと側にいるからなぁ~🎶
お前達は俺のこと絶対に裏切るなよボソッ
不死川玄弥(ネコ)
不死川玄弥(ネコ)
(んっ?燐の表情がなんか落ち込んでる?)
宇随天元(ネコ)
宇随天元(ネコ)
(燐、アイツのことまだ引きずってんのか?)
不死川実弥(ネコ)
不死川実弥(ネコ)
(燐のやつなんか隠してることあんなァ)
煉獄杏寿郞(イヌ)
煉獄杏寿郞(イヌ)
(よもや、アイツのことなど忘れてしまえば良いのにまだ…)
富岡義勇(イヌ)
富岡義勇(イヌ)
(燐、大丈夫だからな俺はずっと燐の側に居るからな。)
燐(りん)
燐(りん)
そういえば、実弥と玄弥には、あの事まだ話してなかったな……ちょうど今日は休みだし話すか。
不死川玄弥(ネコ)
不死川玄弥(ネコ)
り、燐‼️辛いことならムリに話さなくても良いんだぞ‼️
不死川実弥(ネコ)
不死川実弥(ネコ)
そうだァ辛いことは思い出さなくて良いんだァ
燐(りん)
燐(りん)
(-д- 三 -д-)フルフル
この家に来た子達には、知っておいて欲しいんだ、俺の過去について………なんで、俺がこうなったのかを…………
不死川玄弥(ネコ)
不死川玄弥(ネコ)
わ、わかった聞くよ。
不死川実弥(ネコ)
不死川実弥(ネコ)
ゆっくりで良いからムリはするなよォ
燐(りん)
燐(りん)
ふふっ、優しいね2人は、じゃあ話すね、俺の過去について………






続く………
玲
次回は、燐の過去がついにわかります‼️
では、おつれい(^^)/~~~