無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第105話

これからどうしよ…










そんなこんなで話していると…






ガチャ





??
はぁ、疲れたぁ…
ってエースそれ…誰だ?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
お、デュースお帰り~
デュース・スペード
デュース・スペード
おう、で、その人は…
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
あー、燐の事なぁ…
燐(りん)
燐(りん)
え、えと、燐って言いますよろしくね(*ˊᗜˋ)
デュース・スペード
デュース・スペード
おう!
俺はデュース、デュース・スペードだ!
燐(りん)
燐(りん)
よろしくデュース!!
デュース・スペード
デュース・スペード
おう!
所で燐はこの辺りじゃ見ない服装だな?
燐(りん)
燐(りん)
あー、俺ねここの世界の人間じゃないから(^^;;
デュース・スペード
デュース・スペード
え…!?
ど、どうゆう事だ??
燐(りん)
燐(りん)
えっとねぇ、元の世界で昼寝をしてたらいつの間にかって感じ…かな( ̄▽ ̄;)ハハ……
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
まぁ、そんな訳で今こっからどうするか考えてたんだよ
デュース・スペード
デュース・スペード
ん〜、とりあえず寮長に相談してみるのはどうだ?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
あー、それ考えたんだけどさ寮長首跳ねたりしないよな?
デュース・スペード
デュース・スペード
どうしてだ?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
いや、俺らまだハートの女王の法律全部覚えてねぇだろ?だからもしなんかあったらなぁって…
デュース・スペード
デュース・スペード
あー…でも、大丈夫何じゃないか?特例みたいなもんだと思うし…
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
あー、それもそうだな!!
よし、寮長の所行ってみるか!!
燐(りん)
燐(りん)
んと、うん?(何の話なのかひとつも理解できなかったな…)












寮長室






コンコンッ
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
寮長お話があるのですが入ってもいいですか?
寮長
あぁ、お入り。
ガチャ
燐(りん)
燐(りん)
えっと、し、失礼します…
寮長
!?エースこれはどうゆうこどだい?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
えっと、実は………
説明する










寮長
な、なるほどそれはまた奇妙な事が…
燐(りん)
燐(りん)
あ、俺の名前燐って言います!!
寮長
僕はリドル・ローズハート、ハーツラビュル寮の寮長だよ。
燐(りん)
燐(りん)
よろしくお願いします(๑•﹏•)ドキドキ
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
あぁ、よろしくね燐
燐(りん)
燐(りん)
で、俺どうしたらいいと思います?
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
とりあえずは学園長にでも会いに行った方がいいと思う。エース今から学園長の所に行くから着いてくるんだよ?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
はーい。(燐の為だし行くかぁ)
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
(-_-#) ピクッ
エース、返事は「はい、寮長」だろう?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
あ"ッ
は、はい、寮長!!
(はぁ、めんどくせぇ…)










続く…