無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

いつものペット自慢



_会社_
燐(りん)
燐(りん)
おはよーございまーす❗
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
あっ、おはよー燐‼️
悲鳴嶼行冥(人間)
悲鳴嶼行冥(人間)
南無、、おはよう。
燐(りん)
燐(りん)
あっ、おはよー炭治郎、行冥さん‼️
聞いてくださいよ、昨日の帰りにですね猫を二匹拾ったんですよ‼️それがまたなんともかわいくてかわいくて、、んふふ
悲鳴嶼行冥(人間)
悲鳴嶼行冥(人間)
それは、よかったな。南無
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
良いなぁ、、、俺のところにも結構いるけど何匹いても癒しだからな~
燐(りん)
燐(りん)
ホントそれな❗もう一匹一匹それぞれ違ってかわいくてカッコ良くてもう何匹居ても、嬉しくなっちゃうよね~(*´▽`*)ニヘ
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
そうそう、ホントにそれぞれかわいいくて、見てて飽きないんだよな~
悲鳴嶼行冥(人間)
悲鳴嶼行冥(人間)
そうだな、どの子達も皆かわいいからつい甘やかしてしまう。
燐(りん)
燐(りん)
あー、わかりますわかりますどうしてもあの顔されるとダメって言えなくなっちゃうんですよね~❗
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
あぁ、なんかもう帰りたくなってきたぁ~
あぁ帰ってもふもふしたいよ~‼️
燐(りん)
燐(りん)
ホントそれな、チョー帰ってアイツらのこと抱き締めたい❗
悲鳴嶼行冥(人間)
悲鳴嶼行冥(人間)
あぁ、たくさん撫でてあげたいな。南無
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
でも、頑張ってやってから帰ったときに来るあのデレが、またたまんないんだよなぁ。
燐(りん)
燐(りん)
わかる、早帰りだと甘えてくれるけど遅く帰ったときよりなんか冷たいんだよなぁ~
悲鳴嶼行冥(人間)
悲鳴嶼行冥(人間)
では、仕事をしよう。





_昼休憩_
燐(りん)
燐(りん)
あぁぁぁぁ、やっとひと息つけるぅぅ
へ(×_×;)へグデー
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
ホントに疲れるなこの仕事はデスクワークで、目が痛くなってくるしな❗
悲鳴嶼行冥(人間)
悲鳴嶼行冥(人間)
みんなで、昼を食べようじゃないか。
燐(りん)
燐(りん)
そうですね❗行きましょう行きましょう‼️
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
今日の弁当は、カナエとしのぶとカナヲが、作ってくれたんですよ実は❗
燐(りん)
燐(りん)
えっ、そうなの‼️良いなぁ~まぁ、俺のも実は天元が、作ってくれたんだよなぁ、、
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
そうなんですか⁉️
燐(りん)
燐(りん)
そうそう、朝起きたら朝御飯も、出来てて全部終わっててさ、ホントにアイツなんでも出来ちゃうんだよなぁ~
良いだろぅ(o^・^o)ニコ
悲鳴嶼行冥(人間)
悲鳴嶼行冥(人間)
すごいなぁ、俺のところは、真菰が、家事をしてくれている、他の子達もそれぞれ役割を決めて手伝いをしてくれるんだ。
燐(りん)
燐(りん)
良いですねぇ~(*´▽`*)
なんか俺らのために頑張ってる姿とか見ちゃうとほっこりしますよねぇ~
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
わかるわかる(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)なんか失敗してもそれがまたかわいいからなにも気にしないで居られるしな‼️
燐(りん)
燐(りん)
そうそう(^・ェ・^)(^._.^)(^・ェ・^)(^._.^)ウンウン
あー、頑張ってくれてるんだなぁってわかるだけでなんかすごく嬉しくなって感動すんのに失敗しても諦めずにやろうとするところとか見ちゃうと本当にかわいいなぁってなるんだよなぁ~(*´▽`*)
悲鳴嶼行冥(人間)
悲鳴嶼行冥(人間)
そうだな、あの真剣なところが、たまらなく愛くるしいといつも思う。
燐(りん)
燐(りん)
あと少しで午後だから、早く帰ってあの子達にハグしてあげたい‼️
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
あと少し頑張ろうo(`^´*)
悲鳴嶼行冥(人間)
悲鳴嶼行冥(人間)
そうだな。
燐(りん)
燐(りん)
じゃあ仕事だ仕事だぁ~





_仕事終わり_
燐(りん)
燐(りん)
あぁぁぁぁ、今日1日終わったぁ~
さぁ帰るぞ、あの子達に会いに行く❗
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
そうだな、すぐ帰ろう‼️
悲鳴嶼行冥(人間)
悲鳴嶼行冥(人間)
では、また来週👋
燐(りん)
燐(りん)
はい❗行冥さんまた来週👋
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
じゃあ俺達も帰ろう❗
燐(りん)
燐(りん)
おう❗帰ろ~‼️
玲
炭治郎とは、ご近所さんだぞ‼️



_帰路_
燐(りん)
燐(りん)
そうそう朝言ってたその二匹の子達、炭治郎が残業してたから昨日俺一人で帰っただろ、そん時拾ったんだよ。
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
そうだったのか‼️また、会わせてくれないか?
燐(りん)
燐(りん)
もちろん‼️俺も炭治郎の家の子達に会いたいしな‼️
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
じゃあ、明日は休みだから来るか?
燐(りん)
燐(りん)
あっ、マジで‼️行く行くついでに俺んとこの子達も連れていこうか?
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
さすがに全員は、大きいから無理だけどあっ、義勇くんと、杏寿郞くん連れてきてもらってもいいかな❗ウチの子達が、会いたい会いたいって言ってて、でも天元くん連れてきちゃうと新しく来た子達のこと見てあげられないだろうから、天元くんは、また今度の時に新しく来た子達と一緒に会おうかと思って、、
燐(りん)
燐(りん)
おぉ、了解じゃあ明日準備できたら連絡するからそしたら炭治郎の家行くな‼️
竈門炭治郎(人間)
竈門炭治郎(人間)
わかった👍じゃあまた明日な‼️
燐(りん)
燐(りん)
おう❗また明日‼️
玲
ここで一旦切ります、次は、帰宅後からスタートです。では、おつれい(^^)/~~~