無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,037
2021/03/27

第19話

きっと誰より

大阪公演も終わり

疲れたねー、ってキラキラアイドルをかましてた目黒さんとホテルの部屋で話してます

常に一緒にいるって言うとあれだけど毎日見てるから

ある程度近づいてもドキドキしないんだけど

2人きりでいるとなると話が変わってきます


目)なに、緊張してんの?笑

あなた)いや、

目)可愛いっ、

特別距離が近いってほどではないけど

目)あなたさ、俺と同じ部屋でよかったの?笑

あなた)あぁ、別にどなたでも大丈夫です、笑

目)ほんとに俺らには恋愛感情ないの、

あなた)ダメですもん、ないって言うか、ダメ

目)じゃあさ、俺ら以外の他の男に恋するのも有り得るわけ?

あなた)なんですかいきなり

何故か私の恋愛について興味津々で疑問に思うけど













ある程度の仕事をドレッサーの机で済ませて一息していた頃

ふわっと後ろから包まれる感覚が

その正体はすぐに分かって振り払おうとするけど

なかなか女1人の力では勝てない

あなた)何してるんですか、離してくださいっ、!

目)ねぇ、ほんとに気づかないの、俺あなたの事好きなんだけど、

突然のカミングアウト

気づいてはいたけど職業が職業なだけあって

気付かないふりをしていた

あなた)…メンバーに見られたらどうするんですか、

目)別に来ないよ



目)このまま抜け出しちゃう?笑




これがバレたら目黒さんがどうなるか私がどうなるか

もしかしたらどちらとも、なんてことも有り得る

でも、それでもその体に回された腕を振り払うことは出来なかった









NEXT