無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

🌼
(なまえ)
あなた
あ、はい
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ





そうして、お隣さんと行ったお店は韓国料理店







お隣さん
お隣さん
トッポギと、チーズタッカルビ2人前
店員さん
かしこまりました~
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ








何か…話さないと………





(なまえ)
あなた
今日のLIVE良かったですね~、、
お隣さん
お隣さん
あなたちゃんが掛け声完璧でびっくりしたよ
(なまえ)
あなた
へへぇ…ㅋㅋ
お隣さん
お隣さん
まあ頑張って練習してたもんね
(なまえ)
あなた
はい…ってええ?!
(なまえ)
あなた
どうしてご存知で…?
お隣さん
お隣さん
だって丸聞こえだもん
お隣さん
お隣さん
喘ぎ声も…
(なまえ)
あなた
それ私じゃないですって!
(なまえ)
あなた
ていうかマンション壁薄すぎません?
お隣さん
お隣さん
そうだね


そうして話してる間に食べ物が届いた




next.