無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🌼
次の日、私は近くのペットショップに向かった






(なまえ)
あなた
うわぁ~可愛い~!!
店員さん
お客様、良ければだっこしますか?
(なまえ)
あなた
いいんですか?!




その子はとてもモフモフしていて、目がクリクリしてた






(なまえ)
あなた
あの~この子、飼いたいなって思ってるんですけど…
店員さん
あ~!こちらに座って頂けますか?
(なまえ)
あなた
はい!




色んな書類にサインをした







その時







お隣さん
お隣さん
すみません、カットを予約していた者なのですが…
店員さん
あ、はい!




この声って…






振り向くと







お隣さん
お隣さん
あれ
(なまえ)
あなた
あ、お隣さん
お隣さん
お隣さん
ペット飼うんですか?
(なまえ)
あなた
はい
お隣さん
お隣さん
良かったらうちの犬と仲良くしてやって下さい
(なまえ)
あなた
こちらこそ




お隣さんがいました




next.