無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

女神さまと天使
美玖
美玖
おはよう! ねえ、今日のニュース見た?
(なまえ)
あなた
見たよ、大変なことになったわね
 奈湖
奈湖
でも、ラッキーじゃない?
ちょっと席を譲ったりしただけでお金が貰えるのは
(なまえ)
あなた
でも、おかしいよ
美玖
美玖
何が?
(なまえ)
あなた
人間って、地球温暖化とか環境に悪いことを沢山してるじゃない
(なまえ)
あなた
なのに、「ご褒美」っておかしいわ
 奈湖
奈湖
確かにね
何を思ったのかしら?
美玖
美玖
でも、お金が貰えることは嬉しいことでしょ
そこは素直に喜んじゃえばいいじゃん
(なまえ)
あなた
何か裏があるような気がする……
美玖
美玖
そんなに疑うのも良くないよ!
美玖
美玖
女神様はともかく、天使さんはいい人そうだったし!
 奈湖
奈湖
それは女神様に対して失礼なんじゃないかしら……
紗江
紗江
そうだよ~
優しくしてあげないよ?
 奈湖
奈湖
え!?
美玖
美玖
え!?
(なまえ)
あなた
あぁ、人間界に滞在してるってあなたのことだったの?
(なまえ)
あなた
口調からみるに、女神様のほうね?
紗江
紗江
ん、あったり~
すごいね、あなたちゃん
紗江
紗江
他の子は気づかなかったみたいだよ
クラスメイト
クラスメイト
え、女神様?
クラスメート
クラスメート
じゃあ、天使のほうもいるの?
萌恵
萌恵
あ、わたくしです……
(なまえ)
あなた
なるほど、私のクラスに2人とも居たわけね
(なまえ)
あなた
いつまでこのクラスに居るの?
美玖
美玖
そうだよ、もうこの世界は用済みなんじゃない?
紗江
紗江
そんなことないけど~
紗江
紗江
この計画が上手くいくか見ないといけないし
萌恵
萌恵
それに、女神様は人間界で人間の一生分くらいは過ごさないといけませんし
紗江
紗江
天使ちゃんもこの世界に残るんだよ?
萌恵
萌恵
この世界では、「萌恵」とお呼びください
わたくしはこの世界では「神河萌恵」でございますから
紗江
紗江
じゃあ、私の前で敬語使わないでよ
同い年でしょ?
紗江
紗江
名前も「小鳥遊紗江」と呼びなよ~
萌恵
萌恵
ど、努力します
(なまえ)
あなた
そういえば、あなたたち何でこの計画を立てたの?
紗江
紗江
だから、ご褒美だって
(なまえ)
あなた
違う気がするんだけど
紗江
紗江
いいじゃない、あなたたちには関係ないもん
紗江
紗江
そういえば、皆の名前、何て言うの?
(なまえ)
あなた
私は如月あなた
美玖
美玖
片瀬美玖だよ~!
 奈湖
奈湖
蛯名奈湖だけど……
紗江
紗江
あなたちゃん、奈湖ちゃん、美玖ちゃんね!オッケー、覚えたよ
(なまえ)
あなた
私たちの名前を覚えてどうするの?
紗江
紗江
それは教えられないな~
美玖
美玖
萌恵ちゃんはわかるの?
萌恵
萌恵
すみません、私もよく分からなくて
美玖
美玖
「ごめんね」でしょ?
 奈湖
奈湖
いや、上から目線ね
萌恵
萌恵
ごめんね?
紗江
紗江
そう!
紗江
紗江
なんだ、敬語じゃなきゃ喋れないわけじゃないのね!
(なまえ)
あなた
そんな訳ないでしょ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
はい、今回も1000文字近くなってしまいました
作者
作者
500文字ぐらいの話を2本ぐらい上げられたらいいんですけどね
作者
作者
短い話を作るのが苦手です
作者
作者
女神様と天使ちゃんの人間界での姿を出すことができました!
作者
作者
天使ちゃんのアイコンは可愛くてお気に入りです!
萌恵
萌恵
あ、ありがとうございます……
作者
作者
突然ですが、作者の雑談のところで、次回予告みたいなのをしてみたいと思います
作者
作者
次回予告は萌恵ちゃんに言ってもらいましょう!
萌恵
萌恵
え、えっと……
次の話は、あなたさんと颯太くんの会話です
萌恵
萌恵
颯太くんの学校での姿が明らかになります
萌恵
萌恵
こ、こんな感じでよろしいですか?
作者
作者
うん、オッケー!
作者
作者
という事で、おつらん!
萌恵
萌恵
おつもえです……