無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

この間のこと
放課後
美玖
美玖
よし、授業終わったー!
帰るか!
紗江
紗江
ヤッホー
あなたちゃん、美玖ちゃん、奈湖ちゃん、萌恵ちゃん!
 奈湖
奈湖
あれ、久しぶりね
美玖
美玖
終わったのー?
紗江
紗江
うん、大変だったー!
萌恵
萌恵
お疲れ様です
紗江
紗江
他にもあったしね
(なまえ)
あなた
他ってなに?
紗江
紗江
美玖ちゃん、奈湖ちゃん
 奈湖
奈湖
なに?
紗江
紗江
ちょっとあなたちゃん借りるね
今日は2人で帰って!
 奈湖
奈湖
? わかった
帰ろう、美玖ちゃん
美玖
美玖
うん、じゃあね! あなた
(なまえ)
あなた
うん、バイバーイ
美玖と奈胡が帰っていった
紗江
紗江
じゃあ、私たちも帰ろうか!
(なまえ)
あなた
うん
あれ、萌恵ちゃんはどうするの?
萌恵
萌恵
私も一緒でいいですか?
紗江
紗江
もちろーん!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(なまえ)
あなた
で、なんで一緒に帰ることに?
紗江
紗江
んっとね~
紗江
紗江
美玖ちゃんとか奈湖ちゃんに言うときっと大混乱になると思うの
(なまえ)
あなた
え、何が?
紗江
紗江
ちょっと聞いてて
紗江
紗江
でも、萌恵ちゃんは聞かなきゃいけないし、人間界の誰かも知ってないといけない
紗江
紗江
あなたちゃん
あなたならね、多分混乱はするけどそんなに大変なことにはならないと思うの
(なまえ)
あなた
つまり、美玖や奈湖が聞くと大変なことになることを私に話すってこと?
紗江
紗江
うん
でも聞きたくなかったら話終わった後に言って? 私が記憶消すから
(なまえ)
あなた
わかったよ
紗江
紗江
あのね、結論から言うと、この間のこと


















「バグ」じゃなかった
(なまえ)
あなた
え?
萌恵
萌恵
おかしくないですか?
紗江
紗江
私もおかしいと思って何度も確認した
でもね、バグじゃない
紗江
紗江
システムに異常はなくて、ちゃんとなってたし、他に「暴行をした人がお金を貰った」っていうケースはなかった
紗江
紗江
天界を統治している全知全能の神様は居なかったけど、全知全能の神様の奥様に話を聞いたの
紗江
紗江
でも、バグは起こってないって
(なまえ)
あなた
え……
萌恵
萌恵
ってことは誰かが……?
紗江
紗江
うん
誰かが操作した可能性が高い
基準は変わっていないから
紗江
紗江
大丈夫、あなたちゃん?
記憶を消そうか?
(なまえ)
あなた
ううん、大丈夫……
(なまえ)
あなた
また、起こるかもしれないの?
紗江
紗江
うん、一応奥様からお話はされるってことだけど……
紗江
紗江
はっきり言うと、全ての確認は不可能なんだよね
紗江
紗江
だから、誰がやったかの特定はある程度しかできない
紗江
紗江
操作した人物として怪しいのは、全知全能の神様と奥様、そしてその子供かな……
紗江
紗江
でも、それ以外の神や天使も操作は不可能じゃないんだよね
紗江
紗江
ごめん、注意することはできても制限はできない
(なまえ)
あなた
わかった……
萌恵
萌恵
明日、美玖さんと奈湖さんにも聞かれると思いますが、どう答えるのですか
紗江
紗江
バグだったってことにする
あなたちゃん?
(なまえ)
あなた
……なに?
紗江
紗江
今日の話は3人だけの秘密
もし何話したか聞かれたら……
紗江
紗江
ん~
何か適当にあしらっといて
(なまえ)
あなた
それは無責任ね……
わかった、誰にも口外はしないわ
紗江
紗江
ありがと! じゃあね!
-----------------------
作者
作者
ふう……疲れた~
萌恵
萌恵
お疲れ様です
久しぶりに1000文字書きましたね
作者
作者
本編は大変なことになってますね
萌恵
萌恵
はい……
萌恵
萌恵
次回は次の日、夢主さんのお話です
作者
作者
それでは、おつらん!
萌恵
萌恵
おつもえです