無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

普通の毎日
10月初め 昼休み
美玖
美玖
あなた? 起きてる?
(なまえ)
あなた
え、うん。考え事してたの
美玖
美玖
あなたはよく考え事してるよね!
別に受験生じゃないんだから、気楽に生きていけばいいじゃん
(なまえ)
あなた
何それ?
美玖
美玖
まぁ、いいけど!
そういえばね、ずっと好きだった一ノ瀬先生に告白したの!
(なまえ)
あなた
え、一ノ瀬先生の返事は?
美玖
美玖
オッケーだって!
むちゃくちゃ嬉しい!
(なまえ)
あなた
良かったじゃん
 奈湖
奈湖
美玖、あなた、ヤッホー
美玖
美玖
あ、奈湖!
私ね、一ノ瀬先生と付き合うことになった!
 奈湖
奈湖
あら、良かったじゃない
美玖
美玖
2人は好きな人いないの?
(なまえ)
あなた
私はいないかな
恋愛とか興味ないし
 奈湖
奈湖
私はいるよ
(なまえ)
あなた
え、誰?
 奈湖
奈湖
真山先生♥️
美玖
美玖
え、あの?
(なまえ)
あなた
むちゃくちゃ厳しいあの先生?
 奈湖
奈湖
うん
美玖
美玖
そっかー!
(なまえ)
あなた
人の好みはそれぞれっていうしね
(なまえ)
あなた
私も好きな人、作ったほうがいいのかな?
美玖
美玖
別に無理して作る物じゃないでしょ
 奈湖
奈湖
そうそう、今じゃなくてもいいんだよ
(なまえ)
あなた
ありがとう
キーンコーンカーンコーン
(なまえ)
あなた
そろそろ次の授業の時間だね
 奈湖
奈湖
じゃあ、ばいばーい
(なまえ)
あなた
また放課後に
美玖
美玖
まったねー奈湖
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
はい、今回はここまでです
作者
作者
この連休中は1日に2、3話出せると思いますが、それ以降は🐢更新です
作者
作者
すみません
作者
作者
あ、本編はもう少し普通の日常が続きます
作者
作者
それでは、おつらん