無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

友達の恋愛事情
ー放課後ー
美玖
美玖
一緒に帰ろ~!
(なまえ)
あなた
いいよ!
 奈湖
奈湖
私は係の仕事があるから、先に帰ってて
美玖
美玖
オッケー!
(なまえ)
あなた
そういえば、美玖は一ノ瀬先生と帰らなくていいの?付き合っているんでしょ?
美玖
美玖
んー、先生とは帰れないよ
忙しいだろうし
(なまえ)
あなた
あー、確かにね
颯太
颯太
あ、片瀬さん、あなた姉
美玖
美玖
あら、颯太くん!
元気?
颯太
颯太
何その、近所のおばさんみたいな挨拶
僕は中学生だし子ども扱いしないでよ
美玖
美玖
元気なの?
(なまえ)
あなた
いや、何回聞くの?
颯太
颯太
もう、あなた姉、先帰ってるから
(なまえ)
あなた
わかった、バイバイ
美玖
美玖
え~!
もっと話そうよ!
颯太
颯太
バイバイ
美玖
美玖
ちょ、何あの子!
冷たくない? お姉ちゃんの友達に対する態度なの、あれは?
(なまえ)
あなた
中1ともなれば、反抗期なんだからしょうがないでしょ
美玖
美玖
でも、思春期でしょ!
美玖
美玖
は! まさか!
美玖
美玖
私のことが好き…?
(なまえ)
あなた
何言ってるのww
美玖
美玖
ちょっと、笑わないでよ
美玖
美玖
もしかしたらの話だし
(なまえ)
あなた
どっちにしろ、美玖は一ノ瀬先生と付き合ってるでしょ
(なまえ)
あなた
颯太とは付き合えないじゃない
美玖
美玖
まぁ、そうだけど!
美玖
美玖
あ、もうあなたの家に着いちゃった
美玖
美玖
名残惜しいけど、バイバイ
(なまえ)
あなた
明日も会えるでしょ
(なまえ)
あなた
バイバイ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
すいません
颯太くんの設定を追加します
颯太
颯太
中学1年生
1人称
家→俺 外→僕
作者
作者
よろしくお願いします
作者
作者
おつらん!