無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

良いことをしたらしい
美玖
美玖
おっはよー、あなた!
(なまえ)
あなた
おはよう、朝からハイテンションね
 奈湖
奈湖
おはよう、美玖ちゃん、あなたちゃん
(なまえ)
あなた
おはよう
美玖
美玖
私、すごく良いことしたと思うの!
 奈湖
奈湖
え、本当?
何をしたの?
美玖
美玖
あのねあのね、道端に1,000円札が5枚落ちてたの
(なまえ)
あなた
え、5枚も?
美玖
美玖
うん! それを交番に届けたんだ!
(なまえ)
あなた
それは確かに良いことかも
萌恵
萌恵
すごいです!
萌恵
萌恵
もう良いことをなされたのなんて
美玖
美玖
あ、萌恵ちゃん、ありがとう
紗江
紗江
私なら5,000円パクっちゃうけどね
美玖
美玖
それはダメだよ
美玖
美玖
良いことしないとお金が貰えないし
(なまえ)
あなた
あれ?
 奈湖
奈湖
どうしたの?
(なまえ)
あなた
おかしくない?
お金を交番に届ける
→良いことをしたからお金が貰える
お金を交番に届けない
→お金が貰える
ってことになるじゃない
 奈湖
奈湖
あれ?
本当ね
(なまえ)
あなた
何が起こってるのかしら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
はい、矛盾が起きてしまいましたね
作者
作者
おかしいですね
萌恵
萌恵
そこはネタバレになるので秘密です
作者
作者
あらら~
作者
作者
途中、奈湖ちゃんが会話してませんでしたが、ちゃんと話は聞いてましたよ
作者
作者
出すのを忘れただけです
萌恵
萌恵
ダメじゃないですか!
萌恵
萌恵
もう、
次回は引き続き学校です
あなたさんと奈湖さんが気づいた矛盾
それを2人で考えたりすると思います
作者
作者
明日出せないかもしれません
作者
作者
それでは、おつらん!
萌恵
萌恵
おつもえです