無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

弟とクラスメイト
放課後
美玖
美玖
今日は先生と話してから帰るからまったねー!
萌恵
萌恵
先生?
どういうことですか?
あ、どういうこと?
美玖
美玖
ん~、秘密!
バイバイ、あなた!
(なまえ)
あなた
バイバイ
萌恵
萌恵
あなたさんは知ってるの?
(なまえ)
あなた
本人が言わなかったのに私が伝えるのも微妙だから言えない
ごめんね?
萌恵
萌恵
む~!
まぁ、いいか、それではあなたさん
また明日
(なまえ)
あなた
バイバイ、萌恵ちゃん
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(なまえ)
あなた
1人で帰るの久しぶりだな
(なまえ)
あなた
ん、あれは?
モブA
モブA
おい、颯太
話、聞いてんのかよ~
颯太
颯太
き、聞いてるよ
モブA
モブA
じゃあ、ちゃんとやってこいよ?
颯太
颯太
わ、分かったから
(なまえ)
あなた
颯太?
何してるの?
モブA
モブA
誰だよ、お前
颯太
颯太
あなた姉!
モブA
モブA
へ~、お前のお姉さんか
モブA
モブA
なかなか可愛いお姉さんだな
颯太
颯太
な、何を考えてるんだ!
モブA
モブA
お前、俺にそんな口聞いていいのか?
(なまえ)
あなた
いいと思うけど?
モブA
モブA
な、お前は口出すな!
(なまえ)
あなた
お前?
キミより年上の私に向かって「お前」?
ずいぶん偉そうね
(なまえ)
あなた
キミが私の弟に何してるか、分かってる?
(なまえ)
あなた
イジメだよ?
キミのクラスの先生に言おうか?
モブA
モブA
う、うるせ~!
今日のところは勘弁してやる!
覚えてろよ!
颯太
颯太
あ、ありがとう、助けてくれて
(なまえ)
あなた
どういたしまして
あの子、悪役みたいな去り方だったわね
颯太
颯太
ああいうのが好きなんじゃ?
(なまえ)
あなた
颯太?
(なまえ)
あなた
あなたイジメられてたの?
颯太
颯太
う、うん
(なまえ)
あなた
あそこのベンチ座ろっか
颯太
颯太
え、うん
ストン
(なまえ)
あなた
なんで、イジメられてたの?
颯太
颯太
えっと、長くなるけどいい?
(なまえ)
あなた
もちろん
颯太
颯太
えっとね……
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
切ります!
作者
作者
すごく気になるところで終わるのやってみたかったんです
作者
作者
許してください
作者
作者
今日中にもう一本上げる予定です
作者
作者
あくまでも予定ですが……
萌恵
萌恵
次回は弟の颯太くんがイジメられている原因が分かりますよ
作者
作者
萌恵ちゃん、予告ありがとう
萌恵
萌恵
いえいえ
萌恵
萌恵
一度、颯太くんにも会ってみたいです
作者
作者
う……
多分会う機会は作れます
作者
作者
萌恵ちゃんの姿じゃないかもしれないけど……
萌恵
萌恵
この姿で会いたいです
作者
作者
ど、努力します
作者
作者
それでは、おつら(
萌恵
萌恵
おつもえっていうのが恥ずかしいんですが…
作者
作者
がまんして!
作者
作者
おつらん!
萌恵
萌恵
む~!
……おつもえです