無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

出会い
あー緊張する
中学校の入学式
緊張しながら入っていくと
あー緊張する
先輩達怖そうだなー
O先生
1年生入場!!!!
ーーーー!!!
(え、待って
あの先生…/////)
K先生
(ん、、あの生徒…/////)
あなたはK先生を見て一目惚れしてしまいました。
K先生は何があったのでしょう??
校長先生
1年1組担任、Y先生
えっ…。。
校長先生
1年2組担任、K先生
えっ…。うそ…。
K先生はあなたの隣のクラス。
あなたはすごく落ち込んだ。
教室で
はぁ…。
K先生…
あいり

どうしたのー?あなた?
拓哉
おーどうした?
あいりー
拓哉ー
私恋したよー
あいり
えー誰に!?
…K先生/////
拓哉
え、先生に?
いいのか?
あいり
拓哉は黙ってなさい!

えー、どうして??
なんか、入場の時目合って一目惚れ
声とかかっこいいし誠実そう
拓哉
(なんだよ、それ
いいとこありすぎジャン)
あいり

そっかぁ。
まぁ頑張ってね。

拓哉、うち放課後あんたに話しあるから教室で待ってて
拓哉
お、おう?
あいりー
笠原先生と話してみたいからつい来てー
あいり
いよー
職員室にいって
あ!
職員しつからK先生出てきた
あいり
K先生ー
K先生
お?おー
俺か??
あいり
はい!
この子が話したいみたいで…
あ、はい。
あのは、はじめまして。
1年1組の宮地あなたです。
K先生
おー、宮地な。
覚えたよ^^*
俺は…分かるな?笑
Kです。
よろしくな。
あいり
ついでにうちもー、
高野あいりでーす
よろしくー
(やばい…かっこよすぎ)
K先生
(なんでこの子がおれのところに?
でもやっぱ近くで見るともっと可愛い)
そう、入学式の時K先生が目に入っていたのはゆうかだったのです!
それを知らないあなたは
(先生への恋やっぱ無理そ。)
諦めかけていました
ーー放課後ーー
あいりーたくやー
ばいばいー
拓哉
おう!
じゃな!
あいり
ばいばい
拓哉
で、話って何?
あいり
あのね、今まで言えなかったんだけど
うち、ずーっと拓哉の事が好きだった。
拓哉があなたの事ずっと大好きって知ってる。
今、初めてあなたに好きな人できて拓哉が落ち込んでるの知ってる。私ならそれを癒せると思う。だから、私と付き合ってください。
拓哉
んー、俺、多分
この恋が終わるまでに時間かかるぜ?
あいり
それでもいい、!!
それでもいいから…
あなたを諦めるために私と付き合って!
拓哉
わかった…
俺の事そんなに思ってくれてありがとう!
今日から宜しくな?
あいり
うん!
よろしく/////
拓哉
このことはあなたには?
あいり
ないしょ!
拓哉がちゃんと私の事好きになったらいう!
拓哉
りょ。
ーーーー
その頃下駄箱では
K先生
あなたー
っ!?!?
、、K先生!!??
K先生
なんでそんな驚くんだよ
(やっぱ可愛い)
俺はお前に体育の補習のお知らせを配りに来ただけですけど??笑
え、補修!?
わ、私だけ?
K先生
うん笑
あなたしか体育の授業サボってるやついないからな
…は、はい
わかりました。
K先生
じゃあ、明日の放課後な
マンツーマンで指導者するからな
え!?マンツーマン!?
二人きり!?
K先生
?何か問題で??
い、いや!
むしろ嬉しいです!!