無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

初めての出会い2
あなた

こ、こんにちは

あなた

(なんだか変な人達だな、、、)

夏油傑
これからよろしく頼むよ
梢子
よろしくな!
五条悟
よろしくね〜!
あなた

よろしくお願いします

あなた

私はあなたといいます

夏油傑
僕は傑隣のやつは悟あと一人は梢子
梢子
あと一人はなんか酷くない?!
五条悟
そーだよ(棒)
五条悟
あんた思ってないでしょ!
(悟)
五条悟
おもってるよー
あなた

やっぱり変な人達だなー

夏油傑
ん?何か言ったかい?
あなた

い、いえ何も

五条悟
傑ー一緒にトイレ行こー
夏油傑
一人で行きなよ
五条悟
(傑の耳元で)話したいことがあるんだ
梢子
そうよ一人で行きなさいよ!
夏油傑
いやいいよ行こう
あなた

どうしたんだろう