無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

「春が来た。」を作って思ったこと。
長居 宙
長居 宙
ただいまー!
お母さん
お母さん
おかえり。
遅かったわね。
長居 宙
長居 宙
しょうがないじゃん。
だって、曲の手伝いしてるんだもん。
お母さん
お母さん
そう、、、
長居 宙
長居 宙
それでね、今日できたー…
お母さん
お母さん
もうご飯よ。
早く着替えてきなさい。
え、、、何?急に、、、
避けられてる(?)気がする。

そう思いながら自分の部屋に行って着替えた。
いわゆる部屋着ってもんが私の家庭にはある。
それから手を洗い、リビングへ行った。
そしたら、私のご飯だけない、、、
長居 宙
長居 宙
え、、、、、
お母さん
お母さん
宙だけ違う時間よ。
長居 宙
長居 宙
どう言うこと!?さっきご飯ってー…
妹
…お姉ちゃん、、、、
長居 宙
長居 宙
え?誰?この子。
お母さん
お母さん
忘れたの?
長居 宙
長居 宙
忘れたの?って何よ!!
長居 宙
長居 宙
一人っ子じゃないの?!私!!
お母さん
お母さん
……宙、こっちへ来て。
千歌、食べててね。
長居 宙
長居 宙
、、、、、
え!?本当に何?
お母さん
お母さん
言いにくいんだけどね、宙の妹は居たのよ。
でも、産まれてからすぐにどこかへ行ってしまって、、、
で、やっと12年経って見つかったのよ。
長居 宙
長居 宙
そうなの?
長居 宙
長居 宙
でも髪色が違うじゃない!!
何が何だか分かんない!!
妹
あの、お母さん、お味噌汁おかわりできますか?
お母さんって、、、、
お母さん
お母さん
良いわよ。
そう言ってよそった。
妹
美味しいです。
お母さん
お母さん
あら、良かった!
長居 宙
長居 宙
で、せつめいして!!!
お母さん
お母さん
それが、染めたって言うの。
長居 宙
長居 宙
そんなこと信じて良いの?
妹
宙さん、明日遊びませんか?
長居 宙
長居 宙
ごめんね!部活あって、、、、
妹
そうですか。
妹
残念です。
、、、、なんか、ずるい。
長居 宙
長居 宙
今週の日曜日なら良いよ。
妹
ほ、本当ですか!?
お母さん
お母さん
優しいわね、宙。
長居 宙
長居 宙
ニコッ
妹
良かった、、、
空気に馴染めた気がする、、、
長居 宙
長居 宙
よろしくね、妹。
妹
はい…
お母さん
お母さん
ご飯すぐに用意するわ、宙。
長居 宙
長居 宙
はぁーい!
ほっっ、、
自分の部屋へ行くと、今までの部長の書いた資料を広げる。
凄いなぁ。どの世代もしっかりしてる、、
それなのに、、、、
















何で?何で私を、、、
お母さん
お母さん
ご飯出来たわよー!
長居 宙
長居 宙
はぁい、、、
その時、、、
ブブブッ!!
長居 宙
長居 宙
電話、、
長居 宙
長居 宙
もしもし。
西宮 愛楽
西宮 愛楽
宙、、、
長居 宙
長居 宙
愛楽!?!?
びっくりしたー…何でかけたの?